単身引越し 3月

MENU

3月の単身引越しについて

一年のうちで引越しの多い月は3月です。それは日本の風物詩ともいえるのですが、3月が期変わりにあたることから昔からそうなっているのです。3月が期末で、4月から新しい年となるのです。企業の決算も3月が期末というところが多く、4月が新年度となります。

 

もっともこの決算月というものは企業によってまちまちです。それでも新入社員の受け入れは決算月とことなり4月に行われることが一般的です。これは大学などの学校の卒業式が3月に行われることが大きな要因となっているのです。それによってさながら民族大移動ともいわれるくらいの引越しが3月に集中することになるのです。

 

もっともこれからは大学の9月入学という流れも噂されています。すぐには変わることはありませんが、世界がグローバルな時代になれば日本独自のシステムというのはこれからの時代なかなか通りにくいものとなるのは間違いないことでしょう。

 

いつまでこの引越しの風物詩が続くのかはわかりませんが、それでも現在は3月が引越しの風物詩となっているのは間違いのない事実であるといえます。もっとも夏の暑い時期に引越しをしないだけ引越し業者も引越しをする側も幸運であるのが今のシステムであるといえるでしょう。もちろん引越しは3月だけではありません。ですが、一日に何度も引越しをしなくてはいけない場面は3月をおいて他にはありません。そういった意味では気候のよい3月に引越しが集中しているのはよいことといえるでしょう。

3月の単身引越し代の相場を調べるには

業者によって引越し代は違います。一律いくら、というものではないのです。

 

1社1社電話を掛けてどのくらいか見積もってもらうのは昔の方法です。

 

現在ではこのような無料で利用できる引越し見積もり一括サービスがありますので、簡単に10社程度の見積もりを取寄せて比較することができますよ!

 

一人暮らしの単身引越しの場合には簡単に終わりそうな気がしますが、ところがどっこい、意外にも荷物が多いものなのです。舐めてかかると思わぬ大きなお金が飛んでゆくことになりますよ。

 

テレビを観ていると「単身引越し、甘く見てたら、なんちゃらかんチャラ」というセリフが印象的な俳優の佐々木蔵之介さんが出演しているアート引越センターのCMが流れていますが、まさにその通りなんですよね。管理人の私自身、かなり甘くみて赤帽でいいだろう、なんてことで引越しをして大変な目にあったこともあるんです。

 

その時は同じ町内での引っ越しだったので、なんとか切り抜けることが出来たのです、これが市外とか他県へ、なんて状況だったとしたらかなり大変なことになっていただろうなと思ったものです。それ以来、何度か引っ越しをしましたが必ず専門業者に頼むようにしています。もちろんそれなりのお金を払うことになりますが、その価値はありますからね。また見積もり一括サービスを利用すれば安い引っ越しにすることも可能ですから遠慮せずに利用するようにしましょう。

引越し業者の確保すら難しいのが繁忙期の3月の引越しですから

単身者の引越しは年間を通して広く行われています。とは言っても一年のうちで一番引越しが多いのはやはり3月でしょう。日本の社会のシステムでは4月から物事が始まることがとても多いのです。会社にしても然り、学校にしても然りです。ですから新しい生活を始めるためにも3月の引越しが一番多くなるのはもっともであるといえます。

 

一般的に単身者の引越しは荷物も少なくて簡単だという人が多いと思います。しかし3月などの繁忙期となると引越しの業者も数をこなさなくてはいけませんから、単身者の引越しは同じスタッフで一日に2件入れる場合があるのです。そうなってくるとスピードが重視されますから自ずと前もっての準備も必要になりますし、引越し当日もかなりのスピードアップをしなくては引越しを完了できなくなってしまうのです。

 

そして単身者の場合は遠距離の引越しも比較的多いですから、荷物をトラックに入れるまでが初日の作業として終わることもあります。そうなってくると翌日以降の搬入も大切になってきますからその場合はかなり難易度もあがるということにもなります。荷物が極端に少ない場合は引越し業者に頼らずに自分で済ます単身者も多いことだと思います。トラックが確保できるのであればそれもいいでしょう。

 

しかし普段トラックの運転に慣れていない人が急にトラックの運転をすることはとても危険です。思わぬトラブルを起こさないためにも単身者の引越しといえどもきちんと専門の引越し業者に任せる方が無難といえます。3月はとくに引越しが多く、引越し業者を確保することが難しい時期でもあります。確保できなければ自分でするしかないのですが、それでもキャンセル待ちなどの手もありますので、引越し業者を探すのをあきらめないことも大切なのです。

 

結局自分で行う場合もその費用対効果を考えれば引越し業者に任せたほうがお得である場合が多いです。なによりも安心を買うという気持ちをもったほうがいいですね。

 

気になる引越し業者の価格と、その選び方についてはコチラで詳しく解説をしていますので、ぜひご参考にしてみてください。一人暮らしであってもかなりな価格差があることは珍しいことではありませんので。

 

どの会社のプランが良い?
引越し業者各社の単身パックを徹底比較!

 

 

経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、単身の引越しだからとたかをくくっていると意外にも荷物が多くて大変だったなんていう人も多いと思います。よくこれだけの荷物がこの部屋に入っていたなと驚いた経験が私にもあります。

 

そのようなどんぶり勘定で引越しを計画してしまうと、費用面をはじめ、思わぬ損出をしてしまうことだって少なくありません。実際に通常の相場よりも数十万円は高い料金を請求されたことがある人が私の身内に存在しています。もっともそれはかなり昔のことで現在ではネットで引越し料金の見積もり比較を簡単にできるサービスが登場したために安い料金の引越し業者を見つける方法が確立され、価格がある程度、標準化されてきています。そう考えると見積もり一括比較サービスというのは生活者に恩恵を与えていると言えるのかもしれませんね。