一人暮らし 引越し業者 選び方

MENU

一人暮らしでお得な引越し業者の選び方

引越料金は出来るだけ低く抑えたいのが私たち消費者の本音ですね。そこでこのページでは「安さ」に拘った引越し業者の選び方を説明していきたいと思います。その前にまず、引越し料金を構成する要素について知りましょう。一般的な引越し業者の場合、移動距離と作業員数、荷物の量で引越しの料金が変わってきます。これは一人暮らし用のパック料金も同様です。ただし、大手以外の業者では長距離の引越しに対応していない場合もありますので業者選びの際には注意して下さい。

 

また引越しは3月4月に集中しますのでこの時期になると引っ越し料金は通常よりも高くなる傾向があります。これらの基本的なことを念頭に説明を進めていきましょう。まず、激安料金にとことん拘りたいなら大手を外して「混載型」と呼ばれる引越しサービスを行っている会社を狙ってみましょう。混載型とは引越し業者では無く宅配業者が行っている激安の引越しサービスです。このサービスでは作業員はいません。ただ、ドライバーとトラックが荷物を引き取りに来るだけのサービスです。したがって荷造りと搬出入は全て自分で行わなければならないのと時間の融通が殆ど利かないというデメリットがあります。その理由は宅配便のトラックの空きスペースを利用して引越しの荷物を運搬するというサービスだからです。そのため値段は激安ですが、大型の家財がある場合や荷物の多い人、急ぎの人には向いていないサービスといえるでしょう。

 

また近場への引越しなら大手よりも地域に根ざした引越し業者の方が値段も安く大手に引けを取らないサービス内容で引越し出来るケースが多いようです。ただし、情報量が少なく業者自体を探しにくいというデメリットがあります。そんな時は引越し業者の比較サイトなどを利用して賢く検索するようにしましょう。また、どうしても大手の安心感に拘りたい人はこまめに引越し業者の比較サイトを覗いてキャンペーン情報を逃さないようにするか、3月4月のトップシーズンを外して2月に引越す等の工夫をすればかなりお得に引越し出来る可能性があります。また必ず複数の業者から見積りを取り、比較することを忘れないで下さい。その時も引越し業者比較サイトが役に立ちます。

一人暮らし向けのサービス充実の引越業者の選び方

現在日本では一人暮らし世帯の数が急激に増えています。これは少子高齢化が進んでいるためだと言われていますが、この社会情勢の変化に伴い引越し業者も一人暮らし世帯を大きなマーケットと捉えて様々なサービスを展開するようになりました。それまで大手の引越し業者では一人暮らし向けのサービスは影が薄く、レンタカーで軽トラックやワゴン車を借りて自分で引越しを行うというのが一人暮らしの引越しでは定番だったのです。

 

しかし、今や大手の引越し業者がこぞって一人暮らし向けのサービスを展開しているため、こうしたサービスの内容もファミリー向け並みに充実してきました。トラック1台と作業員2名が付き、大型の家財は作業員が搬出入を行ってくれ、損害保険まで付いてレンタカーを借りるより安く引越しが出来るようになったのは、これから一人暮らしを始める人にとっては大きいですね。しかし、似たり寄ったりの引越しパックに思えても詳細に比較するとサービス内容には大きな違いがある場合もありますので、料金とサービス内容は良く吟味する必要があります。

 

見落としがちなサービス内容としては段ボールの数やそれ以外の梱包材や緩衝材の無料提供サービスの質、損害保険の有無、廊下などへの養生方法、大型家財のセッティング、出張見積り、引越し後のゴミ回収などは有るのと無いのとでは大きな違いが出てくるので必ず引越し業者の比較サイトを利用して複数の業者から見積りを取って比較するようにして下さい。

 

作業員の数を少なくして価格を安くしてもらう【一人暮らしのお得な引越し術】

少しでも得するための知識として、引越し業者の作業員の数を少しでも減らすための方法について紹介しています。

 

引越し業者が見積もり時の料金設定として挙げている要素として、必要となる作業員の人数が上げられています。業者の作業員の数は、交渉によって変動させることが出来る要素とされていますが、時間に限りがある為、当日のスケジュールと運搬するものの多さなどから考えた際に、作業員の数を極端に減らすと言うのは出来ません。作業員の数を少なくするためには、運ぶ必要のある物を引越し当日に自分で運ぶという方法がありますが、業者によっては当日に手伝うことをNGとしている業者もあります。その理由としては、業者によっては引越しの際に物が破損した場合は、弁償する契約となっていることがあり、申込者が手伝った場合に破損してしまった場合の賠償責任が誰にあるかという点などが問題になりやすいからと言われています。多少は損したからと言って気にしないと言う方も多いかと思いますが、発注先の業者によっては前述したとおりNGとなる場合があり、作業員数の削減を期待しても難しくなってしまうことがあるというのが現状ですので、作業員数を減らしたい場合は次のような対応が良いでしょう。

 

まず、引越しの見積もり前に、運ぶものを整理しておくと言うことです。重くなりやすい「本」などは、どうしても運びたいものだけに限定するようにしておき、引越し前までに古本屋に売るか、処分しておくほうが良いでしょう。また、予め新居の鍵を不動産業者から渡されることが多いかと思いますので、引越し日よりも前に、可能な限り運搬しておくと言うのも、手段としては有効になってくると思います。自力で運んでも破損する可能性の少ない衣類・本などは、引越し先が近ければ自力で予め運んでしまっておくと、引越し費用削減に繋がるかとおもいます。

 

ちなみに、一人暮らしのための引越しの場合の平均的な作業員数は、3人程度といわれています。これを作業員数2人に削減することが出来れば、節約できたと言えるかと思いますので、一つの目標にしてみると良いでしょう。

 

どの会社のプランが良い?
引越し業者各社の単身パックを徹底比較!