一人暮らしの引越しまで1ヶ月

MENU

引越しまでおよそ1ヶ月 これを確認しましょう

ここでは引越しが決まった日から逆算して1ヶ月以内にしておきたいことをまとめました。

 

まず、今住んでいるのが借家である場合、不動産会社に解約の届け出をしなければなりません。通常の不動産賃貸契約の場合、契約書には解約物件の引き渡しは連絡を貰った日から一ヶ月という決まりがありますので、連絡が遅れると多めの家賃を払わなければならない可能性があります。契約時に渡された書類一式の中には解約届けが同封されているケースが多いので、解約届けに必要事項を記入した上でファックスか郵送、若しくは直接不動産会社に持ち込む様にしましょう。

 

ここで注意しなければならないのは郵送で書類を送る場合、実際に相手の手元に届いた日が受理日という扱いになるので、2日ほど余裕をもって投函するようにしましょう。投函前にあらかじめ電話連絡しておけば確実だと思います。また不動産会社にもよりますが、電話で受付してくれるところもありますので、いずれにしても引越しが決まって、業者の手配と併行する形で解約届けの提出を行った方が良いでしょう。

 

それから引越しにとって大敵なのが荷物の多さです。引越し料金は荷物の多さと移動距離、人件費で決まります。一人暮らしの長い人程家財が増えていきます。引越しを効率よく行うためにも使わないものは思い切って処分するようにしましょう。粗大ゴミ扱いのものは有料で出し方にルールもあります。もし、リサイクルショップなどに売れるものは例え二束三文でも売ってしまった方が良いので、引越す荷物とそうでない荷物の選別もこの頃から取り組んでおくと良いでしょう。

1ヶ月前には動き出すことが必要です

引越しをする時は色々とする事がたくさんあります。次に住むところの物件選びからはじまって、最後荷物をほどいて新居を片付けるところまで単身でやろうすると本当に大変になってしまいます。特に大きな荷物を運ぶのは一人では無理になってしまいます。引越しを単身で行う際の効果的な荷物の運び方としましては、やはり引越し業者にお願いすることです。荷造りや荷解き掃除や後片付けなどは時間をかけてでも一人で出来ますが、大型の荷物は一人では運べないのでお金をかけて引っ越し業者さんにお願いすることです。引越しを単身で行う際の効果的な時間短縮の方法といたしましては家具付の物件を選んで引っ越すことです。軽い荷物だけを持ち込み、大型のものはついていますので引っ越しの時に持っていかなくてもいいので時間も短縮できますし、引っ越し業者にお金を使う必要もなくなります。

 

引越しを単身で行う際の効果的な荷造りの方法についてですが、引っ越しすることが決まった日から、洗濯した洋服をたんすの中にしまわずダンボールに片付けていく事です。たんすの中から新しいのを着ては、ダンボールにしまっていくと引っ越しの日までに割と荷造りされていきます。色んなものを引き出しや本棚から出した後はそれぞれのダンボールにいれてしまいます。そうした事の繰り返しが引っ越しの準備を楽にしてくれます。家族の引っ越しとなるとそんな事もできませんが一人身の引っ越しなら誰にも気兼ねなく自分のペースで引っ越しの準備を進めることができます。単身で引っ越される際には一度お試してください。

荷造り・梱包方法

ここでは一人暮らしの引越しに関する知識の中から、上手な引越し方法のノウハウとして、荷造り方法について紹介しています。

 

引越しを行うにあたっては、荷造りを上手に行えるかどうかによって、引越しに掛かる手間も費用も異なってきます。荷造りを始める前にまず次の事を決める必要があります。それは、荷造りを自分でやるのか、業者にお願いするのかと言う点です。引越し業者によっては、荷造りまでを行ってくれるプランを提供している業者があり、準備から実際の作業までの手間は、基本的に業者が行ってくれると言う便利なものです。

 

荷造り作業をお願いすると、費用が高くなりますが、荷造りが面倒だと感じる方で、予算に余裕があれば利用してもよいかもしれませんね。ここからは、荷造りを自分で行う方への荷造り方法についての紹介になりますが、まず梱包材を用意する必要があります。この時用意する梱包材についてですが、引越し業者によっては必要な個数分ダンボールをくれる場合もありますので、業者を決める段階で梱包材をもらえるかどうかを確認しておくと良いでしょう。梱包材として用意する必要があるのはダンボールだけではなく、中に入れた物と物がぶつかり合って破損してしまうことを避ける必要のあるものもあるかと思います。そう言ったもののために、大量の新聞紙を用意し、物と物の間にクシャクシャにして入れておくことで、衝撃をやわらげてくれるので、割れやすい物や精密機械などを入れる場合には、必ず入れましょう。

 

最後となりますが、最もお勧めしたい荷造りの重要ポイントがあります。それは、不要なものを荷造り前に整理するということです。新天地での新生活を始めるわけですから、過去の不要なものを一掃する良い機会になるかと思いますので、是非整理して、運搬する総量を減らせるように整理を行いましょう。荷造りの仕方によって運搬する総量が多いか少ないかによって、業者の必要な作業員の数が変わる場合があり、それによって料金が大きく変動する場合もありえます。是非できる限りまとめられるような荷造りを心がけて頂ければと思います。

単身のひとり暮らしを初めて行うときには、そんなに荷物は無いはずだからすぐ終わるだろうから、となかなか準備をしないのんびり屋さんも多いはずです。ところがいざ荷造りを始めたら想定外に荷物が多くて驚く人も多いのです。梱包のためのダンボールが全然足りなくなり、どうしよう!もう引越し日は明日なのに!なんて経験もするでしょう。もちろん荷造り、梱包だけが引越しではありません作業は他にもたくさんありますし、他県へ引越し場合には手続きだって多くなります。また旧居の解約や掃除だってありますし、ご近所への挨拶やその品物だって必要になります。