一人暮らし 引越し 挨拶

MENU

引越しは旧居と新居で挨拶をしましょう

あいさつというのは、日常生活を送る上で極めて重要と言っていい要素です。特別親しい人でなくても、特に近所の人であれば、すれ違い様にまずあいさつし天気など軽い世間話をすることもあるでしょう。円滑な人間関係を構築し、ストレスなく快適に住むためにはあいさつは欠かせないのです。引越しの際も同様です。近隣の人をはじめ今までお世話になった人への挨拶は出来る限りしておきたいものです。 その地域に戻ってくることはないかもしれませんが、いつか街中でバッタリ!などということもありえます。あいさつを欠かさないことで、人間関係をつないでおくと考えると良いかもしれません。

 

また、新居の近隣住民や大家さんへの挨拶もとても重要です。これから顔を合わせる機会が多くなるのですから、スムーズに新しい地域に馴染めるよう挨拶を忘れずにしておきましょう。その際、あいさつの際に持参する品物も必要です。近隣の人には500円から1000円ほど、家主に対しては2000円から3000円ほどの品物を渡すことが一般的です。あれを渡さなければいけない、これを渡してはいけないといった制限は特にないのですが、タオルなどの日用品や日持ちするお菓子などが好まれるようです。遠方から引越してきた場合ですと、地元の特産品を持参するという手段も使えます。 そこから特産品や出身地の話ができますので、円滑なご近所づきあいの第一歩になりますね。気持ちの良い人間関係を作り、ストレスなく生活できる要素としてあいさつは本当に大事なのです。

 

近隣と上手に付き合うための挨拶とは?

ここでは一人暮らしの引越しを上手に行うための知識の中から、引越し先の近隣住民の方々と上手に付き合うための、引越しのご挨拶について取り上げています。最近では、引越し後に挨拶はしない場合も一般的となっていることもある為、ここでの記載を参考に適切なご挨拶が出来るようにしましょう。

 

まず挨拶の際のポイントですが、一つは地域柄を捕らえておくということです。冒頭で記述しているとおり、地域によっては引越しの挨拶をしないというのが一般的な場合があります。特に都心部の場合は、ご近所づきあいは行わないという場合が多く、更に言えば一人暮らしの方の場合は挨拶に対して抵抗があるというケースもありえます。そう言った場合も考慮すると、執拗にあいさつ回りを行うのではなく、数回行って出てもらえないようであれば、あいさつ文を記載した簡単な手紙をポストに入れるか、もしくは挨拶そのものを行わないほうが無難でしょう。

 

もっといえば、相手の方が女性の場合だと、挨拶の為にチャイムを鳴らしたとしても危険視されてしまうこともあるそうなので、執拗に挨拶に行くと、怪しまれることもあるそうなので、土地柄などを理解し、挨拶は「出来る限り行う」というのが、現代においては一般的と考えるべきでしょう。尚、前述しているとおり、土地柄によって挨拶に対する考え方が違いますので、場所によっては挨拶するのが当たり前の場合もありますので、そう言った場合に何らかの粗品を持参する場合には、あまりに高額なものを避けるほか、使いやすいもの消耗品を選ぶのが喜ばれるかと思います。

 

ちなみに、金額的な相場としては、500円から1000円程度が無難でしょう。このように、現代では挨拶を重要視する文化と言うのはほとんどなくなっているだけではなく、迷惑がられる場合が増えてきているという状況を理解して、必要に応じてあいさつ回りを行うという認識でいることを理解しておいていただければと思います。