一人暮らしの引越し前にしておくべきこと

MENU

引越しは自分で、それとも専門業者を利用して?

物件が決まったら次は引越し方法を決めましょう、すなわち「自分でやる」か「引っ越し専門業者に依頼する」かです。

自力で引っ越す

「引越し」と聞くと、必然的に「引越し屋さんに申し込む」と考える方もいるかと思います。もちろんの事ながら、引越し業者に申し込みをしたほうが、自分でやらなければいけない手間も少なく済みますので、忙しい方であれば確実に業者に発注したほうがよいかと思います。

 

では、時間に余裕がある方で、業者を利用せずに引越しをする方法と言うのもあるのかと言うと、答えはイエスです。話は非常に単純で、業者を利用しないとなれば自力で引越しをするということになります。

 

引越しを自分で行う際には、自家用車があれば自家用車を利用し、無ければ軽トラックなどをレンタルして、必要なものの運搬を行います。この方法を選択するのに適しているのは、例えば近距離の引越しをする場合や、引越し先が中距離程度であっても友人・家族などが手伝ってくれるというような場合であれば、自力で引越しするという選択肢を選んだほうが、引越し費用が安く済むでしょうし、業者との打ち合わせや日程調整なども必要なくなりますので、効率の良い引越しが出来るはずですので、おすすめです。

業者を利用して引っ越す

一人暮らしの引越しと言えば荷物も少量なのでかつてはレンタカーで軽トラックを借りて自力で行うというのがセオリーでした。しかし今では一人暮らし世帯の増加によって業界としても一人暮らし世帯を新しいマーケットとして捉えているため、各社ともシングル引越しプランを主力商品として打ち出してきています。特に春先は引越し業者にとって繁忙期にあたるため激安や高品位サービスが売りの主力プランはすぐに予約で一杯になる可能性があります。

 

一人暮らしの引越しとはいえ、タンスや趣味の品など運搬が大変だったり扱いがデリケートなものはプロに任せた方が安心ですし、何よりレンタカーを借りるより業者に依頼した方が安くなる可能性が高いので、出来るだけ早めに見積りを取って比較検討した上で引越し業者を選ぶようにしましょう。

 

尚、一社の業者だけに見積もり依頼を出すと、業者の言い値のまま契約が進んでしまうので、複数の業者に見積もり依頼を出し、それぞれの業者の見積もりの際には他の業者の中で最も安値となった見積もりなどを参考情報として取り出して交渉することで、最安値で引越しを行える可能性が出てきますので、是非代金交渉術として活用して頂ければと思います。

 

>>> 一人暮らしの引越し費用《どのくらい掛かるかはココで分かります!》

 

長距離の引越しの場合は、自力で引越しをするという選択をしてしまうと、引越し先までの移動が大変になりますし、移動した後にレンタカーを返却したり、荷物が多くても往復するのが大変なので大型のトラックをレンタルしなければいけないなど、自力で引越しをするには無理が多くなってきます。業者に発注すると、自力で引越した場合に比べるとかなり高い出費になってしまうことは確実なのですが、あまりに大変な引越し作業となってしまうのであれば、業者を利用したほうが、総合的に考えても良い選択だと思いますので、引越し方法を選択する際には、引越し先までの距離・荷物の量などを考慮して選択すると良いでしょう。

 

引越し前に行なっておくこと

初めて一人暮らしを考えている方にとってはノウハウが判らないために何をやっておかなければいけないのかがわからずに、引越し直前になってから焦ってしまうという方も多いようですので、是非このページの内容をしっかりと理解しておきましょう。

 

まず、荷造りに関して取り上げた際にも説明しましたが、一人暮らしのための引越し準備の際には、出来るだけ不要なものを捨てるなどの整理作業を行いましょう。

 

これにより、引越し作業自体も軽くなりますし、うまく行けば引越し費用の削減にもつながります。前述した整理作業についてですが、ただ単に捨てようと考えてしまうと少しだけ損になります。なぜかと言うと、現代ではリサイクルショップなどが多くあるため、捨ててしまわずに売ってしまえば、捨てるための費用も掛からないですし、もっと言えば少しだけお金を稼ぐことも出来る可能性があるからです。もちろんの事ながら、全てを買い取ってくれるわけではなく、買い取り拒否された場合は持ち帰らなければいけないので、手間がかかってしまう場合もありえるのですが、もし可能であれば不要なものであっても「捨てる」ではなく、「売る」を選択肢として考えて見ましょう。荷物の整理と同時に行っていく必要のあることについてですが、引越しに当たってはさまざまな届出を行う必要があります。必要となる届出は、引越し先によっても異なってきますが、基本的には不動産業者から必要な手続きについての説明があるかと思いますので、もしお部屋の契約の際に説明がないようであれば、引越しまでに行っておくべきことを確認してみると良いでしょう。

 

他にも、一人暮らしの引越しで、引越し後は自炊を検討しているのであれば、お料理に関しても習っておくべきでしょうし、引越しをする前に旧居のお掃除はしっかりと行っておくべきです。たくさんのやるべき事があって、若干疲れてしまいそうですが、手を抜いてしまうと引越し後に問題が多発してしまいますので、しっかりと理解しておきましょう。