一人暮らしの引越し当日

MENU

いよいよ引越し当日 忙しさにてんてこ舞いですが

この日はいよいよ引越し作業当日です。まず荷物は全て段ボールやクローゼットボックスにしまわれているかどうかをチェックしましょう。引越し業者が来たら引越し作業開始ですが、一人暮らし引越しパックの場合、一般的には大型の家財や家電以外の荷物は自分で搬出入することが多いので、引越し車両まで荷物を運搬します。荷物は運搬用のコンテナに入る程度で超過分は追加料金の対象となると考えて下さい。

 

したがって運搬はこのコンテナに乗せた状態で行えます。また作業中には大型家財の運搬用に廊下に引越し作業員が養生作業をしている場合もありますので足元には十分注意して搬出作業をして下さい。作業後にガスの元栓を締めたか再度確認することを忘れないで下さいね。

 

荷物の搬出が終わったら引越し業者は新住所へと向かいます。この便とは別に自分自身も新住所へと向かうことになります。道路の混雑状況等によってどうしても荷物の到着には時間差が生じることになりがちですので、作業員の携帯電話の番号を教えてもらうようにしましょう。新居に到着したらまずライフラインをチェックして下さい。特に水道はしばらく汚れた水が出てくる場合が多いのでしばらくの間蛇口をひねり放しにして汚水を流出させましょう。電気に関して言えば最近の物件は殆ど蛍光灯が備え付けられているのですぐにチェック出来るでしょう。ガスの元栓開通は住人立会いの元で業者が作業を行わなければなりません。当日すぐに使いたい場合には開通の作業日を引越し当日の遅めの時間帯を指定して手続きをすすめるようにして下さい。後は引越し便が到着したらこの日の作業は荷物の搬入作業を残すのみです。

 

引越し作業には業者に立ち合わなければなりません

引越し当日は、引越し業者にお願いする方が非常に多いと思います。彼らは引越しのプロですから、どのような引越しであってもできる限り迅速に対応してくれます。冷蔵庫をはじめ大きな荷物の運び方も熟知していますし、柱や壁にぶつからないよう荷物を持ち出してくれるので、基本的には安心して任せて良いと思います。だからといって自分は立ち会わず、遊んでいて良いというわけではありません。依頼人が立ち会わない場合、荷物の紛失や破損といったトラブルが万一発生した場合対処できなくなってしまいます。必ず立ち合って、業者の方と一緒に荷物や部屋の状態に問題がないかチェックしましょう。

 

実際に当日自分で運ぶものですが、手荷物程度に留めておいた方が無難です。例え力に自信がある人であっても、無理やり自分で運ぶのは避け、確認程度にしておいた方が良いでしょう。修繕費削減のために掃除をきちんと行ったとしても、最後の最後で部屋に傷をつけてしまってはせっかくの掃除が無駄になってしまいます。慎重に、かつ迅速に荷物を運び出すという作業は思っているよりも難しいのです。

 

とはいえ、荷物を効率良くトラックに積み込むためには、自分で事前に荷物の支度をしておくことも大切です。荷造りも全て業者に任せている方もいるかもしれませんが、衣類など自分でまとめられる範囲であれば、当日の作業を円滑に進めるためにもできるだけ自分でまとめておきましょう。いざ業者が到着してからの流れがスムーズになります。

 

いよいよ新居へ荷物を運び込みます

旧居から荷物を新居に搬入する際も、当然立ち会う必要があります。ということは、引越しを依頼する本人も旧居から新居に移動する必要がでてきます。この作業をスムーズに行うためには、荷物搬出後引越し業者と共に新居に赴くか、または新居に誰かが待機し最初に立ち会ってもらった後、自分が合流する形をとることになります。

 

どちらにするか、事前によく打ち合わせをしておきましょう。荷物搬入終了後にすべきことは、全ての荷物が問題なく届いているかどうかを業者立ち合いのもと確認することです。なくなっている荷物がないか?傷がついたり壊れた物はないか?搬入時に壁や床に傷をつけていないか?事前に荷物のリストを作成し、それをもとにチェックしていくと良いでしょう。

 

特に割れやすい食器やガラス製品などは優先的に、かつ念入りにチェックしましょう。もしなくなった荷物や壊れた物があった場合、事故証明書を提出することになります。これにより、業者に対して損害賠償請求ができるようになります。

 

万一「そんな荷物はあった記憶がない」「これはもともとあった傷だ」などといわれることがないよう、写真やビデオ撮影をして証拠を残しておくと確実です。それにより、引越し時に紛失・破損したものであると証明できれば大抵の場合は補償してくれると思います。賠償請求ができるのは引越しの日から3か月以内ですから、それまでに忘れず請求しましょう。

 

引越し当日に必要になるもの

ここでは一人暮らしを始めるための引越しを上手に行うためのポイントの中から、引越し当日に必要となるものは何かという事について紹介しています。

 

まず初日に必ず必要となるものについてですが、現金と新居の鍵の2点です。不動産業者立会いの下で新居へ移動するということはあまりないかと思いますので、事前に業者から受け取っている新居の鍵を忘れずにもっていきましょう。また、現金は必ずといってよいほど必要になります。新居の近くにあるスーパーやコンビニなどに関してしっかりと調査を行っていれば問題ありませんが、銀行が無い場合やカードの使えるお店が早い時間に閉まっている場合などを考慮して、事前にある程度のお金を用意しておくべきでしょう。その他、引越し当日には次のようなものを準備しておくと、新生活がスムーズに開始できるといわれています。まず、カーテンです。プライベートな環境を作り出すためには、カーテンが無ければ外から丸見えになってしまいますので、初日に用意されていることが望ましいでしょう。

 

また、雑巾は必須アイテムです。清掃されている場合も有りますが、基本的には新居を隅々まで清掃してから新生活を始めるほうが望ましいと思います。また、清掃の際には新居の傷や汚れなどを確認し、必要に応じて写真を撮り、不動産業者に報告しましょう。退去する際に、それらの傷や汚れが、既に付いていたものかどうかを証明する必要が出てきますので、この点はしっかりと行いましょう。

 

また、照明器具も必須アイテムです。夜になって暗くなってしまえば、何も出来なくなってしまいますので、必ず用意しておきましょう。それと、石鹸・ボディソープなども重要なアイテムです。新居の掃除をした後は、汚れてしまいますので、体を洗うことなどを考えても、無いと困ってしまうでしょう。他にも準備しておいたほうがよいものがありますが、とりあえずここで紹介したものは必ずといってよいほど無ければ初日から困ってしまうものばかりですので、引越し当日までに準備しておき、当日には必ず新居へ持ち込みましょう。

 

ライフラインはとにかく最優先で確保!

引越し先へ荷物を運び終わったら、次にすることは何でしょうか。荷物の片づけよりも先にしなければならないこと、それは生活するための最低限の環境を確保することです。生きるために欠かせない3つのライフライン、それが【電気・水道・ガス】です。少々手間のかかる手続きが必要になりますので、事前に把握しておきましょう。まずは電気です。

 

入居直後は、電気が入らない状態になっている場合が多いと思います。その場合、ブレーカーのスイッチを入れることが必要です。無事に電気が使えるようになったら、新居に置いてある電気使用開始連絡はがきに記入し投函しましょう。電力会社のHPや電話・FAXで事前に申し込むこともできますので、できることなら先に申し込んでおいた方が良いでしょう。

 

次に水道です。引越した時点で使えるようになっている場合が多いと思いますが、使えなかった場合、メーターボックス内の水止栓を開栓することで使用できるようになります。電気と同じく、新居に置いてあるはずの水道開始使用連絡はがきに記入し投函することになります。また、水道局のHPや電話で申し込むことも可能です。

 

そして、電気や水道よりやや大変なのがガスの使用開始手続きです。こちらは業者の立ち会いが必要になります。特に引越しシーズンのときなどは、希望の日に申し込むことができないという場合もありえますので、できるだけ早めに業者に連絡を取り、いつからガスを使いたいのかを伝えて来てもらいましょう。

 

引越しは旧居と新居の掃除があります

掃除も日常生活には欠かせないものです。怠ってしまうと非常に息苦しい中で生活することになってしまいます。引越しの際にも勿論掃除することが必要になってきます。今までお世話になった部屋を入居前の状態に回復しておくという理由もありますが、そのほかに、修繕費の支払いというものがあるためです。

 

旧居が賃貸住宅である場合、次の入居者が遅かれ早かれ入居することになります。その方により良い状態で入居してもらえるよう、修繕費の請求はとても大切です。修繕費は、その家をどれだけ修繕する必要があるかによって額が変化します。

 

そのため、家が綺麗であればあるほど修繕費は安くてすむのです。出来る限り出費を抑えるためにも、旧居を自分で掃除しておくことは必須といえるでしょう。そのほか、修繕費が加算されていく条件を知っておけば、その分修繕費を抑えることができます。建物の経年劣化によって発生する日焼けなどに関しては払う必要はありませんが、タバコの焦げた跡や壁や柱につけてしまった傷などは対象になってしまいます。

 

また、台所やお風呂場、換気扇など水回りは一般に汚れが酷い場所なので、特に入念に掃除しておくと良いです。いずれにせよ、次に住む人の気持ちを考えて旧居の掃除はしておきたいものですね。勿論、新居も掃除をしなければなりません。家具の搬入前の何もない部屋を掃除する機会は滅多にありません。この機会に気になる汚れや傷を細かくチェックし、気になることがあるなら大家に連絡をしておきましょう。