引越し 単身パック

MENU

日通の単身パックとワンルームパックの違いについて説明します。

日通のワンルームパックは近距離、単身パックは長距離
ワンルームパックは引越しの距離が30km以内で、引越し完了まで4時間以内を対象としたサービスです。ですのでそれを超える引越しの場合は単身パックの方ということになります。

 

ワンルームパックの荷物量ですがワンルームから1LDKが想定されていて2トン車1台分を目安とされています。ですので単身や一人暮らしの引越しであっても想定されている荷物量を超える場合にはワンルームパックは利用できないこともあります。

ワンルームパックの料金は

土曜日、日曜日、祝日が 〜34,800円(税込)が上限
平日  〜29,800円(税込)が上限
とされていますが、エリアによって料金には違いがあるようです。またフリー便を利用すると安くなるエリアもあります。現状はワンルームパックが利用できない地方都市のエリアもありますので確認が必要です。

詳しくは当サイトのページ⇒日通のワンルームパックをご覧ください。

ワンルームパックPLUS

ワンルームパックに追加された新しく登場したサービスです。
違いは、2トントラックロングが使われますのでより荷物が多く運べるようになり、また助手が1名増員されています。その分、料金は1万円ほど高くなり、平日で〜39,800円(税込)が上限とされています。

単身パックの料金は

単身パックには運ぶ荷物量によってX,L,Sのパックがあります。
単身パックL 料金は18,900円(税込)〜
単身パックS 料金は17,850円(税込)〜
単身パックX 東京〜大阪で61,800円、東京〜北海道で77,800円など

詳しくは当サイトのページ⇒日通の単身パックをご覧ください。

 

 

どの会社のプランが良い?
引越し業者各社の単身パックを徹底比較!

 

ワンルームパック、単身パックは本当に安いのか?

ここが最大の問題です。パックの場合には荷物量が超過してしまうと別料金が発生してしまうこともあります。それならまだしも契約上仕方が無いことですが荷物を置いて行かれることもあります。

 

またパックの場合は大きな家具や家電製品については当日、作業スタッフが梱包をしてくれますがそれ以外のものは前日までに自分で梱包が必要です。仕事で忙しくて引越し準備の時間が無い人には考えどころでもありますよね。

 

どうしても日通を利用したいですか?

 

サービス内容と料金のコストパフォーマンスが優れているかどうかは他社の見積もりと比較してみるのが一番です。

 

無料で利用できる引越し見積もり一括取得サービスが便利です!

 

 

最短で1分程度 タダでたくさんの業者の見積もりが一気に取れちゃいます!

 

 

安い単身引越しをしてくれるのはどこの業者かが分かるんです♪

ほんの10年くらい前までの引越しは見積書を比較して料金を比較するということはかなりの重労働でした。というよりもほとんどの人が1社の言い値に従っていたのかもしれません。随分と業者は儲かったことでしょうね^^。

 

しかし今は見積もり一括取得サービスの出現により引越し料金を比較することが誰にでも出来るようになりました。

よく相場と言われますが引越し料金は変動するものということを知らない人もまだまだ多いようです。ひとりでも多くの人がこのサービスを利用して損をしないことを望んでいます。これから独り立ちして一人暮らしを始める人も各業者の単身プランを比べてみてください。

 

サカイやアート、アリさんマークなどの大手はもちろん、単身引越しに特化をして業務を行なっている業者も多数ありますので見積もりを見比べてみてください。たったそれだけのことで大幅に費用を浮かすことができます。数万円も違えば新生活の資金に回すことできますからね。

 



 

簡単な入力で単身・ひとり暮らし引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

 

 

まとめ 日本通運の単身引越しサービス

日通の単身引越しメニューは距離に応じてさまざまなコースがあります。大都市限定でのサービス色が強い感じがありましたが徐々に提供エリアが広がっているようです。

 

またワンルームパックにも新サービスが投入されていますので以下に説明します。

単身パック+単身長距離での引越し

これは荷量にあわせてプランを選択することができるリーズナブルな長距離単身引越しです。

単身パックS専用ボックス

「単身パックS専用ボックス」価格は17850円〜で荷物が少ないタイプです「単身パックL専用ボックス」これは荷物がやや多めの単身引越しです。

単身パック×2tコンテナ

「単身パック×2tコンテナ」これはベッドなどの大型家具や自転車などを積めるプランです。2トンコンテナを利用するタイプです。

ワンルームパック+単身近距離

家財道具が基本的に少なく、移動距離が近い引越しに適したプランです。荷量にあわせてプランを決定することができます。移動距離は15km〜30kmで作業時間が4時間以内程度の引越しを対象としています。

ワンルームパック

「ワンルームパック」料金は平日で最大29800円です。2トントラック1台分と助手が1名、移動距離が15〜30キロ以内です。

ワンルームパックPLUS

「ワンルームパックPLUS」平日料金は最大で39800円です。2トントラックロング1台分助手2名、移動距離が15〜30キロ以内です。以上が基本的なサービスです。

 

また申込みをパソコンやモバイルなどからしますと、1件につき2100円の割引となりますし、2ボックス以上ならば1ボックスにつき1050円の割引があります。その他、エアコン工事や、アンテナ工事、配線工事、照明器具の設置工事などの有料オプションサービスがあります。その他乗用車やバイクの輸送や、ピアノの輸送、ハウスクリーニング、引越しの挨拶品、ガス器具工事などのサービスもあります。

 

 

単身での引越しを行う際には、家族で引越しをするときなどのような規模の大きな引越しとは違った点に注意することも必要になります。単身での引越しは荷物の量などが必然的に少なくなるために、引越しパックを依頼した際に作業を行ってくれる作業員が少なくなることが考えられます。その為いかに効率よく荷物を運ぶことができるようにしておくかということに気を配ることで、スムーズに単身引越しを可能とすることができるほか、引越しにかかる料金自体を安く押さえることができることもあります。

 

その為荷物の梱包などは自分で気を配ることで、安心して作業を行うことにつながり、効率よく作業を終えることができる用になります。衣類などのような運ぶための危険が少ないとされているものでも、上手な梱包の仕方をしてあることによって、作業のしやすさの向上につながることはもちろん、荷物そのものの保存状態もよくなるなど、非常に多くのメリットがあります。またお皿や刃物などのような運ぶために危険が伴う荷物はもちろん、家電製品のような大型のものであったとしても、運搬する方法を考えることによって、安全に荷物を運ぶことができるようになります。

 

さらには運ぶ荷物そのものをできる限り少なくすることによって、作業効率を上げることができるのはいうまでもありません。単身での引越しであれもこれもともっていく荷物を多くしてしまい、最終的に引越しの効率を悪化させてしまうということは、良く見られる事例です。その為引越しを行った後で、今と同じ生活を送るということを考えず、新しい生活方法を考えて引越しの作業を行うことが効率よく引越しを行うための手段なのです。

 

また、どのような業者に引越しを依頼するかという選択肢が家族での引越しと比較して多くなることも、単身引越しの特徴といえます。赤帽は軽トラック1台のみを借りることのできる引越しの方法であるため、家族での引越しを行う以上に、単身での引越しを行うことに適している引越し方法です。また自力での引越しも荷物が少ない引越しである単身引越しならではの方法と考えることもできるでしょう。