女性のひとり暮らし防犯対策

MENU

特に女性の防犯対策は重要事項なのです!

昔からあるひとり暮らしの女性のアパートの防犯対策としての王道に「男性物の下着や服を洗濯物として干す」というものがありました。最近はベランダに洗濯物を干すことは以前に比べると少なくなっているということはありますが、マンション・アパートでの女子のひとり暮らしは何十年も前から注意を払っても払いすぎることが無いほどの大切なことです。

 

女性が一人で物件を借りるときは、セキュリティ対策が整っているお部屋を見つけてほしいです。オートロックはイマドキ常識かもしれませんが、昔ながらの物件には設置していないパターンも十分有りうることです。ですから、家賃の安さだけを見てあっさり昔の物件に決めてしまわないよう心がけて下さいね。

 

1人暮らしを始める女性が防犯対策を行うとなると、予想外であろうと思いますが、「新居の上下左右の住民に、引越し挨拶をしに行かない」という手法もあります。何ゆえかというと、「単身生活をしている女性がいる」という事実を不用意に与えることになるため、おかしな人が起こす事件の巻き添えを食う可能性がより高くなってしまうからです。一人暮らしをする女性がいるのなら、きちんとした防犯対策を行っている物件を選ぶことが絶対です。

 

セキュリティが甘いと、どんな人が突然やってくるかわかりません。大前提としてオートロックがあること、カメラ付インターホンも勿論あった方が良いです。裏口のドアもオートロックならばモアベターです。犯罪に巻き込まれてからでは、ダメですよ。

カーテンについて

一人暮らしをはじめるとき、荷物の中にカーテンを入れますか?もし新調したいのなら、色とか柄はフェイバリットなものが良いですよね!そうは言えども、女性の単身引越しの場合、花柄とか、ピンクといったいかにも「女子〜!」な商品をお求めならば、ちょっと立ち止まって考えた方がいいかもしれません。不審者に目をつけられる確率が上昇しますしね。

 

一人暮らしデビュー決定!そのとき、カーテンも梱包しますか?持っていってもOKですが、実家の部屋にカーテンがなくなってしまいますので、この機会に新しく買った方が良さげです。ホームセンターで買える、あまり高くない商品でも問題ないでしょう。

 

新住所に居を構えることになったので、カーテンを買いに行く場合、どんな感じの商品をゲットしたいですか?柄や色は多々あるわけですが、私は意図的に、こげ茶且つ無地の商品を選びました。少し地味だとは思いますが、明るすぎず暗過ぎない色ですから、安らぎます。仕事したり遊んできた後、家でほっと一息つきたいという方には、しっくりくると思います。

ひとり暮らし女子の防犯対策@一人暮らしに役立つTIPS関連ページ

一人暮らしの部屋選び
冷蔵庫、洗濯機、掃除機
収納アイテム
生活費