一人暮らしの部屋選び

MENU

ひとり暮らしの部屋選びについて

単身生活の部屋選びに有益な情報をリストアップしましょう。はじめに知っておきたい重要ポイント、それは家賃です。自分が確実に払える額の物件にしておいた方が良いでしょう。他に抑えたいのは、独身者には広さは別に気にならないという人もいそうですが、捨てきれない荷物がたくさんある方は、広い方が向いていそうです。

 

他にあげるとするならば、防犯はきちんとしてくれるのか、周辺には何があるのかといった重要な要素の洗い出しが必要です。一人暮らしの部屋を探す際、どれだけの広さを選べば適切なのでしょうか?土地柄にもよると思いますが、基本、1Kや1Rを選ぶのではないでしょうか。都心部なら無難な選択でしょうが、地方で一人暮らしをするのなら、1LDK!と大胆に決めてみるのも良いと思います。決して広すぎることはありませんので。

 

一人で新生活をはじめるとき、大事なポイントとして挙げられるものは何でしょう?主だったところで言えば、「部屋の広さ」「家賃の安さ」「駅チカ」「スーパーや病院が近くにある」辺りだと思います。何人かで共同生活を送るケースでも重視するポイントは似ているでしょうが、単身世帯の生活の場合、家事その他を一人で全て賄うため、尚更重要視しなくてはならないのです。

 

やっぱり駅チカ!?

1人きりで生活するとなると、たくさんのことを1人きりで片付けていく形になります。炊事・洗濯・買い物をはじめ、郵便を出したり、役所に行ったり、病院に行ったり、クリーニングを出す等、いくつも思い浮かぶくらい雑事が待っています。なので、お住まいは駅から近いところを選んで、極力負担を減らすにこしたことはありません。

 

単身生活には、何かとメリットの多い「駅チカ」、つまるところ駅周辺が良いでしょう。どうしてかといえば、1人で暮らすということは、毎日の家事は当然一人でやりますし、病気にかかる、怪我をする等あっても病院には自ら赴くことが必要だからです。通学・通勤の負担も軽いです。1人暮らしを送る場所を選出する際、これは譲れない!という点はありますでしょうか。

 

基準は人によってたくさんあると思うのですが、駅が近くにある物件(所謂「駅チカ」!)に決めると楽ですよ〜!通勤や通学時間の短縮になるという利点は勿論、駅の近隣は商業or公共施設が集中するパターンが多いですし、暮らしている上で苦労する確率は低いでしょう。

 

DKとかLDKなど、一人暮らしに向いている部屋は?

一人暮らし向けに用意されている部屋は、主に「1R」「1K」「1DK」「1LDK」の4種類があります。一人暮らしをしたい皆さんがどのような生活をしたいかによって、どのタイプの部屋を選ぶのか決まってきます。1Rはワンルームのことです。文字通り、一部屋しかありません。つまり、キッチンもお部屋の中にあるのです。更に、お風呂とトイレは「ユニットバス」という、まるでホテルのようにお風呂とトイレが同じ場所にあるタイプである場合が多いです。そのようなタイプを避けたい且つ1Rを選ぶのであれば、ユニットバスかどうかをきちんと確認しましょう。次に1Kは、キッチンだけが部屋から独立しています。自炊したいと考えている方でしたら、このタイプを選ぶと良いでしょう。そして1DKと1LDKは一見似ているように思えますが、「D」とはダイニング、「L」はリビングを指します。リビングとはくつろぐための部屋なので、「DK」と「LDK」ではこのリビングの有無が大きな違いとなります。

 

当然、LDKの方が広い部屋ということになるかと思いますが、ここまでくると、荷物の少ない方でしたら、無駄に広いと感じてしまうかもしれません。あまり荷物が多くない方は1Rもしくは1Kを、荷物が多い方は1DKや1LDKを選ぶと良いですね。「1LDKを選んでも荷物が部屋に入りきらない!」という方は、2DK・2LDKのタイプを選ぶことになると思います。「荷物が多いか」「独立したキッチンがほしいか」「ユニットバスかどうか」は、最適な部屋を探すための非常に重大なポイントです。予算との兼ね合いもありますが、自分の希望をしっかりと把握しベストな物件を探しましょう。 ここでは、一人暮らしに適しているお部屋について見てみました。どうぞご参考にしてみてください。そしてこれから行う引越しには引越し見積もりサービスを活用してみましょう。

一人暮らしの部屋選び@ひとり暮らしに役立つTIPS関連ページ

冷蔵庫、洗濯機、掃除機
防犯対策
収納アイテム
生活費