一人暮らし 生活費

MENU

快適な一人暮らしを続けてゆくためには生活費について

待ちに待った一人暮らしをはじめることにワクワクしている方も多いですよね。でもこれから自立した生活を送るのはなかなかに大変なこともあります。快適な一人暮らしを続けるために大切なことをお知らせしますので参考にしていただければ幸いです。

 

食費

ここでは一人暮らしをするにあたって知っておく必要のある「生活費」の中から、食費について紹介しています。

 

生活費の中で食費が占める割合は、自炊をするかどうかによって大きな差がうまれることがおおくあります。「自炊をしない」という方を例にすると、30日間全てをスーパーやコンビニなどの惣菜を購入して生活するとします。そうなると、一食あたりの平均は、概ね700円程度と仮定し、一日三食にしたとします。そうした際の食費は、単純計算で63000円にもなります。

 

もちろん、一日のうち朝昼は700円もかけずに軽食ですませることも出来るでしょうから、一日当たりの食費を1400円程度に抑えることは可能かと思いますが、それでも30日間で42000円にもなります。「自炊をする」という方であっても、その食材をコンビニなどの比較的に高値となってしまうお店で購入してしまえば、自炊をしない場合と僅差になるかと思いますが、しっかりと近くのスーパーなどの特売日などにまとめ買いするなどの節約術を利用して生活をしていれば、上手な方は一万円台、高くても三万円程度までは抑えられるかと思います。

 

自炊をする場合のポイントですが、「できるだけ材料が安く求められる料理を選択する」というのが、節約術ですので、例えば「肉」を選ぶのであれば高値になりやすい「牛」を選ばずに、安価で求められる「豚肉」を中心する、材料を購入する際には、一食分を想定するのではなく、きっちりと一週間分を想定して購入するなどが、効果的且つ上手な節約術になるかと思います。食費を抑えることは、一人暮らしにおける経済的な余裕を持つためには非常に重要なポイントになるかと思いますので、出来るだけ無駄な食費に掛かる支出を抑え、自由に使えるお金を増やせるように努力しましょう!

水道光熱費

ここでは一人暮らしの生活費の中から、水道光熱費がどの程度掛かるのかと言う点について取り上げています。

 

水道光熱費は、ライフスタイルによって大きく費用が異なってくるもので、やりようによっては数千円から数万円ほども差がつく支出になります。水道光熱費に含まれるものとして、まず水道代がありますが、水道代はお風呂の入り方に大きく依存するといわれています。湯船にお湯をいれて浸かるという人と、シャワーだけで済ませるという人では、倍程度の差が生まれる可能性があるといわれています。

 

とはいっても一人暮らしであれば、湯船にお湯を入れて浸かる人であってもおよそ5000円程度になると思われますので、湯船に浸かる生活を好む方であれば、無理にシャワーの生活にする必要までは無いかと思います。水道光熱費に含まれる次のものとして、電気代があります。電気代に関しては、住宅のタイプによって大きく異なるのですが、オール電化対応されている住宅の場合は、電気代が高くなり一万円以上になる場合があります。オール電化対応されていない一般的な住宅の場合であれば、一人暮らしの平均としては5000円前後と考えておくとよいかと思います。

 

最後に挙げられる水道光熱費ですが、残るはガス代です。ガス代についてですが、住宅を決める際に家賃そのものにも大きく影響してくるポイントとして挙げられている、「LPガス」なのか「都市ガス」なのかによって大きく異なります。LPガスの方が、都市ガスに比べて1.5倍程度は高いという情報が挙げられていました。一人暮らしの平均的なガス代としては、都市ガスで5000円程度、LPガスであれば78000円程度が平均といったところでしょう。

 

尚、水道光熱費によっては、お住まいの地域によって大きく価格が異なりますので、ここでの紹介はあくまで目安としていただいて、実際に引越しを検討する際には、引越し先エリアの水道光熱費を予め調べて、具体的な生活費のプランを立てていただくことをお勧めいたします。

その他雑費

ここでは一人暮らしにおける生活費の中から、食費や水道光熱費以外のその他出費に関して取り上げています。その他という言い方をしましたが、一般的に言えば「雑費」という言い方をする部分の出費です。定期的ではなく、不定期で支出されるものですので、計画がたたないような生活必需品の代金などがこの出費部分に含まれることが多く、例えば衣類やタバコ代、台所用品や生活消耗品などは、概ね雑費として計算することが多くあります。生活消耗品やタバコ代・お酒代などであれば、高くなっても一万円前後で足りるかと思いますが、電化製品などが故障してしまった場合なども雑費として扱う場合があり、そのようなイレギュラーケースを考慮すると、何万円も雑費に割り当てなければいけなくなってしまいます。

 

もちろんの事ながら、電化製品が毎月のように故障しないはずですので、毎月の支出として捉えておく必要はなく、生活消耗品をベースに考えておくこと無難な生活が出来るかと思います。生活消耗品のための雑費という考えであれば、前述しているとおり一万円前後で一人暮らしの生活は賄えるはずですので、平均は一万円と捕らえておけば、安心して暮らしていけるでしょう。

 

尚、電化製品などが故障した場合に急な出費が発生するはずですが、そのような場合に慌ててしまわぬように、毎月の雑費の実支出が一万円だったとしても、「一万五千円ずつ雑費の支出を計算しておき、五千円は積み立てておく」というような、計画性のある生活費の運用を行うことで、安心できる生活を遅れるかと思います。雑費についても、出来るだけ抑えておきたい支出ですので、消耗品の購入時にもできるだけ安く売っているお店を探したり、特売日を探したりすることで、年間を通して数万円もの節約に繋がることがあるということを、是非認識手置いて頂ければと思います。

快適な一人暮らしを続けてゆくための生活費@一人暮らしに役立つTIPS関連ページ

一人暮らしの部屋選び
冷蔵庫、洗濯機、掃除機
防犯対策
収納アイテム