引越し 一人暮らし

MENU

一人暮らしの単身引越しは身軽だけどそれほど楽じゃない・・

一人暮らしの場合には部屋を見渡してもそれほど荷物はないんじゃないかな?と誰でも思うものです。

 

ところが実際に荷造りをはじめて「けっこうあるもんだ」ということに気づくのですよね。

 

「この狭い部屋にどうしてこんなに物があったのだろう」と。

 

引越し一人暮らし・単身の場合にはどうしても実際の荷物量が分からずに安く済むだろうと考えがちですが、それが元で追加料金が発生したりしてしまいます。また意外に嵩張る本などはダンボールに一杯には入れられない(底が抜けたり重すぎて運べなかったり)のでその分、梱包が増えてしまったり・・・などのということもありますね。

ひとり暮らしの単身引っ越し体験談

はじめてのひとり暮らしの部屋の環境が悪く、大学近辺のアパートに引っ越し

私は現在大学一年生で、一ヶ月前までは狭い細長い部屋に住んでいましたが、新しい部屋に引っ越しました。

 

その理由としては、隣の騒音がひどかったり、狭くて友達を家に呼べないと言うことで引っ越しを決意しました。一人暮らしなのは変わらないです。細長いアパートから四角い部屋があるアパートに引っ越しまして、部屋が広く感じます。

 

引っ越したのは11月の中旬で平日です。住む場所は変わらないで、大学の近くのアパートです。

 

業者は一切使っておらずすべて一人で運び出して寒い思いをしました。業者を頼るのを考えましたが、近い上にお金をあまりかけたくなかったので、その方法に行き着きました。新しく住むアパートまで5回ほどの往復でなんとか荷物をすべて運びきれました。それなりにハードでしたがお金が無かったので良かったです。

大学を卒業して就職のために地元へUターン就職のため引越し

悠々自適な大学生活を終え、就職のため地元へと戻ることになり引越しすることになりました。1LDKの学生向けアパートから実家への引越し、一人分の荷物ですが結構たくさんあることに驚かされます。不要なものや運びきれないものはリサイクルショップで買取ってもらったり後輩に譲って処分、何とかコンパクトにまとめることができました。

 

依頼したのはヤマト運輸、単身での引越しプランがあったことが理由です。受け付けてくれたスタッフの対応はとても親切でさわやか、荷物の扱いも丁寧だったところに好感が持てました。

 

依頼の翌日である2016年の3月24日木曜日の午前中に荷物は到着、スピード感があり私より早く着いていたほどです。非常に手軽だったので落ち着いたらまた一人暮らしに挑戦したいです。

転職のために単身パックで引越し

勤めていた会社を自己退職し新たな就職先を探していたところ少し離れた地域に再就職が決まりました。

 

そのため今住んでいるマンションから再就職先の近辺までの引っ越しが必要となり、業者に見積もりを出していたところそれに見合うパックがあったので業者さんに頼みました。

 

また単身と言う事もあり、時間も掛からず行えることあらゆる面での融通を利かせていただきました。引っ越し会社は、サカイ引越センターさんで作業員は運転手のみでありました。

 

荷物の数もあまりなかったため作業も1時間程度で済みましたが,その後の手入れや掃除など丁寧に行なって頂けたので大変感謝しています。距離的には車で30分と言う地域でありますが交通機関を利用するとかなり時間が掛かる地域でもあるので、引っ越しは妥当な選択と思いました。また引っ越しする場合は業者を選ぶか単独で行動するかは結構慎重に考えてからの行動をお勧めします。

実家生活から独り立ち、初めての引越し

2015年の9月中旬の土曜日、私は初めての引っ越しを経験しました。実家から会社へ通っていたのですが、通勤時間に1時間半かかっていた為会社から近いところで独り立ちをする為の引っ越しでした。実家では父母と3人で住んでいましたが初めての一人暮らしです。6畳の部屋にキッチン、バストイレに独立洗面台が付いている小さな家ですが、一人なので十分です。

 

引っ越し業者は使わず、実家の車に荷物を積んで運びました。家具や電化製品は全て新しく購入し、運んでもらう手筈だったのでそんなに大きな荷物がなかった為です。衣服や細々とした物を運ぶだけでしたので自家用車で十分でしたが、次引っ越しをする際には大きな荷物もありますので引っ越し業者にお願いをすることになると思います。

生活をリフレッシュするため頻繁に単身引っ越し

私の場合引っ越し癖があるみたいで3年に1度の割合で住居を変えています・なので引っ越し作業も手慣れたもので、2,3日で殆ど終わらせてしまいます。

 

今までで4回の引っ越しを行いましたが、理由はそれぞれありますが1番はマンネリ化している風景を一新したいがために引っ越しを敢行していました。なのでこれと言った理由がある分けでもな区只リフレッシュする感じで引っ越ししていました。

 

職場は変わらなかったので主にその近辺での引っ越しが多く徒歩で10分圏内の所に集中しています。また業者を頼むことなく勝手に気ままに行動しているため費用などは全く掛かりませんが、只新たに入居するマンションの費用が結構掛かる事がネックとなっています。ですが今現在は結婚しているため、無駄な引っ越しはしないようになりました。

夫の単身赴任の引越しでは見積もり一括サービスが役に立ちました

私の主人は、単身赴任を繰り返し行っています。今までに、3回行いました。そして、家族は地元に残ったまま、主人だけ、単身で引越しを行いました。極力、荷物は少なくしています。そのため、まとめることに時間がそんなにかかりません。単身赴任なのでまた、次に移動することも考えて、荷物は最低限のものしかありませんので、移動する際も楽なのです。そして、なんといっても、荷物が少ない分、引越し料金が安くて済みます。それは、たいへんお得と考えています。

 

そして、その引越し料金に関してもさらに安いところを見つけるために、引越し業者をインターネットで見て見積もり一括サービスを利用してもらっています。そして、その中から選択して一番安い業者に依頼するようにしているのです。そうすることで、安い引越し料金に抑えることができます。仕事の都合による異動なので家族で引越しをするかそれとも単身赴任にするかはいつも話し合いになりますが、単身赴任してもらうと学校などがある家族は移動しなくてもいいことがありますので、家族はその地元での生活をこれまで通り続けることができます。

 

そのため、地元の友人や、生活から、離れることなく、生活できるのです。家族全員が引越しをするとなると、また、新しい地域で、一からはじめる必要があるのです。そのことは心身ともに、たいへんなエネルギーを要します。ですから、単身で行ってくれることに、ありがたいと感じています。寂しいだろうけれど、でもこれも仕事のうちということで主人も割りきってくれているみたいです。

単身の引越し料金が安い業者を探す方法があります!

ご存知ですか? 安い業者を見つけることができるサービスを!

引越しするのは久しぶり、そんな方はもしかするとご存じないかもしれません。数年前に登場した「引越し見積もり一括サービス」はこれまでの業者選びを一変させました。

 

簡単に一度にたくさんの業者の見積もりを手に入れることができるサービスなんです。

このサービスの利用は無料です。なのでこれまで2,500万件を超える利用件数がある信頼されているサービスなのです。

 

利用者の満足度は『次も利用したいとアンケートに答えた人は95.2%』!という数字が物語っています。使わにゃ損!のサービスなんです。

 

一人暮らしの荷物だから、費用はそんなに掛からないんじゃ?・・・なんて呑気に考えていませんか?。誰でも思うことですが、いざ荷造りを始めると洋服や生活用品だけでもかなりのダンボール数になり、驚くものです。これに家電や家具が加わるのですから。 高い引っ越しにしたくないなら見積もり比較をして安い業者を探しましょう!



 

簡単な入力で単身・ひとり暮らし引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

 

引越し業者からの電話・メールの連絡が来るのが苦手な方、ネットですべてを完結したい方、今すぐに引越し予約をしたい方は↓↓↓こちらがピッタリです↓↓↓

 

引越し侍

 

ネットで完結! もっと安い引越し業者を見つける方法がコレ!

 

 

単身引越し方法のいろいろ〜自力、ゆうパック、宅急便、赤帽、専門業者

単身引越しであれば、いろいろな引っ越し方法が考えられます。

 

例えば、近距離でのお引越しの場合、自分たちの力で引越しをしてしまおうと考える方もいると思います。

 

確かに金銭的にも安くなることもあるので、かかる労力さえ目をつぶれば選択肢の一つになると思います。

一人暮らしの荷物なら自分で運ぶ?

一昔前だと、引越しを専門に行う運送会社がなかったので、引越しといえば自力で行うしか方法はありませんでしたが、現在ではトラックをレンタルする料金よりも引っ越し費用が安くなることもあるので、一度見積もりを出してから考えて見た方が無難かもしれません。なにせ、引越し業者はプロですので、自分で運んで家財や家電を傷つけてしまったり、壊してしまう可能性は少なからず高くはなります。そのリスクも承知で検討した方が良さそうですね。

 

ちなみに最低限用意しなくてはいけないものは、トラック、人手、梱包資材です。その他小さなものですと、荷造りロープやガムテープ、家具などを分解、組み立てするのに工具類もあると便利ですね。

 

その3つだけそろえる事ができれば、自力での引越しが可能です。ただ、いくら友人に手伝ってもらうとはいえ、本来業者にお願いすべき大変な作業を手伝ってもらう訳なので、引越しの後には何かしらのお礼をした方がいいでしょう。お礼の形は、飲みにいったりご馳走したりなど、様々のようですが、ケースによっては引越し業者にお願いした方が安くつく場合もありますので、その点は考慮しておいた方がいいかもしれません。

 

荷物が少ないのなら「ゆうパック」でも引越せる

 

それほど荷物が無い人や、数ヶ月間の出張で家具家電付きのマンスリーマンションに入居するなどの場合、引越し専門業者を利用しないでゆうパックで荷物を送るという手段も十分に可能です。

単身引越しでは宅配便を利用するのもアリ

荷物が少ない場合、宅配便もひとつの選択肢にあがるかもしれません。

 

宅配便の料金は、どこからどこまで運ぶか、段ボールのサイズ、重量によって、料金が決まります。プラス時間指定もすれば、追加の料金がかかりますね。

 

さらに運ぶものによっても料金が変わります。精密機器、家具、大型家電、自転車など、大きなものなど。よって、壊れやすい家電や大きな家具などがあると、料金が高くなってしまいます。なので宅配便で安くおさまるケースは、段ボールだけで収まるような場合だけですね。

 

また、宅配業者によっては『家財宅配便』のようなサービスも行っている業者もあるようです。ヤマトホームコンビニエンスの『らくらく家財宅急便』はソファやベッド、テレビなど、家財を一つの単位から輸送してくれます。電話一本で自宅まで引き取りに来てくれ、その場で梱包。届け先で開梱・設置までしてくれるサービスです。全国に対応していますし、時間帯指定、料金もランク別で9つに別れています。段ボールなどの廃材も回収してくれるので、無駄なゴミも発生しないのも嬉しいですね。ホームページからの申し込みもできるようで、これもまた便利です。荷物の量と家財の数をみて、いろいろと比較してみるのもいいですね。

 

荷物が少ないからと、宅配便にしたはいいものの、意外に量がかさんで、業者に頼むよりも高くなってしまう事もあります。いろいろな業者が、いろいろな格安プランを設定しているので、見積りをとってから検討するのもひとつの手ですね。

 

赤帽での引越しは?

単身引越しの場合には、「荷物も少ないし、引越しの際にはスタッフがいなくても大丈夫そうだなぁ」と思っている方もいると思います。荷物が少なければ、「車さえあれば、自分で運べるのに」と思っている方もいるでしょう。

 

そんな方には、赤帽がおすすめ。赤帽であれば、費用を抑えた引越しを行うことが出来ますよ。赤帽は、全国180カ所に拠点を構えており、15,000人もの組合員がいますので、お近くにも利用出来る赤帽が見つかるはず。赤帽の引越しは、見たことがある方もいると思いますが、軽トラックを利用して引越し作業を行っていきます。「自分の車では、運ぶことは出来ないけれど、トラックまでは必要ない」という方にとっては、とても利用しやすい業者といえるでしょう。

 

中には、天井が上がるタイプの軽トラックを所有しているところもありますから、思っている以上の荷物量を運ぶことも可能。赤帽を利用する際には、移動距離によって料金が決められていきます。短時間で長距離への引越しを希望する方は、距離制引越運賃を適用することになりますし、時間を少しでも短くして移動する場合には、時間制引越運賃を適用することになります。既に、赤帽を利用した経験がある方の70パーセントの方は、8,000円程度で行えたと答えていますから、これはかなりお得な引越しが期待出来ますよ。

 

ただし、スタッフは運転手のみのところも多いですから、荷物が多い場合には、家族や友達などの手伝いの方は準備しておいた方が良いかもしれませんね。

 

ダンボールの調達について

これから引越をするという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。引越の際には、当然大量のダンボールが必要となりますよね。このダンボール代も、馬鹿にならないのはお分かりだと思います。引越は、それでなくても出費がかさむため出来るだけ抑えたいと思う方が多いのではないでしょうか。

 

ダンボールは、引越業者が用意してくれるところもあります。用意してくれる業者の場合には事前にどのくらい必要か伝えておきましょう。業者によっては(たとえば赤帽のように)ダンボールは用意出来ないというところもあります。そういった業者の場合には、「他の業者では、用意してくれるって言ってたんですけど…」と伝えてみましょう。その一言で、ダンボールを用意してくれることもあります。また、ダンボール使用後、業者で回収してくれるところもあります。数あるダンボールを捨てるのも大変ですから、あらかじめダンボールは回収してくれるか確認しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

また、近所のスーパーなどでも簡単にダンボールがもらえます。しかし、ダンボールをもらいに行く際は、あらかじめ連絡しておいた方が良いでしょう。時間帯や曜日によっては、回収したばかり…なんてこともあります。お店に迷惑をかけない為にも、電話などで連絡をしてから行くようにしましょう。

 

ちなみに、ダンボールの強度には注意が必要。大切なものなどは、ダンボールに詰めるのは危険。特に、お店でもらってきたダンボールの場合には使用後ということで強度が弱くなっている可能性があります。運ぶ際には、充分注意しましょう。

引越し業者に頼むのが1番?

一番に思いつくのは、引越し業者にお願いする方法かと思います。一言で引越し業者と言っても、実は種類や特徴は様々にあるのです。簡単にご紹介しましょう。

 

まず大きく二つに分けると、引越し業務が専業である引越し業者と兼業で引越し業務を行う運送業者に分けられます。

 

まずは引越し専門業者。事業として、引越しのみを行う運送業者です。専門として行うので、設備や車両、引越し作業員の技術がしっかりしています。よって、安心してお引越しを任せることができます。さらに荷造りや荷解きなどのオプションサービスも充実しています。ただし、スペシャリストなだけあって、引越し兼業者と比較すると、料金的には割高になる事が多いようです。

 

もうひとつに引越し兼業者。引越し兼業者は、引越しの依頼があったときに引越し業務を行う運送業者です。通常は一般貨物運送事業がメインで、部署の一つとして引越しを取り扱っている業者です。最低限の設備・資材は整っていますが、引越しに不慣れな運転手や作業員にあたると言う可能性はゼロではありません。故、引越し専門業者に比べると、料金は比較的割安になる事がおおいようです。

 

ほかの分類として、大手引越し業者、中堅引越し業者、軽貨物引越し業者、の3つにもわけることができます。大手引越し業者は、一般的に広く知られている業者です。メディアなどを使って大々的にCMをしかけているので、一般的な知名度が高いです。故、安心感が得られやすく利用する人も多いようです。サービス全般もそれなりの信頼がありますが、宣伝広告や設備投資、人件費などの経費を多く掛けているため、料金は割高になる傾向があります。

 

最も業者数が多いのが、中堅引越し業者。且つ需要が高いので、業者によって価格がまちまちです。多くの業者は数をこなして利益を上げているところが多いので、引越し料金がリーズナブルなところが多いです。現在、もっとも多く利用されている分類の引越し業者と言えるでしょう。

 

比較的簡単な引越しであれば、料金を安く抑える事ができるのが軽貨物引越し業者。ただし、引越しを専門にしている業者は少ないため、梱包資材がない業者が多く、利用するにはある程度の覚悟と勇気が必要です。それから、運転手1名で引越し作業をまかなうため、荷物運びの手伝いをすることは必須。貨物積載用も350キロとかぎられていますが、引越し特装車などもあるそう。

 

単身なので荷物が少ないから・・・なんて甘く見ちゃイケません!

これから新生活のために、はじめて一人暮らしをする方で新居にて家電や家具を揃える場合ならばレンタカーを借りたり、場合によっては宅配便で荷物を送ったりでも良いでしょう。

 

その記憶があるからなのか?、単身の引越しなのでたいした荷物は無いから簡単に終わるだろうというノープランの人も多いんじゃないでしょうか。でも一人暮らしの生活が長くなるに連れて荷物は思った以上に増えているものなのです。きっと多くの人が荷造りをして「この部屋にこんなに荷物があったなんて!!」と 驚く人も少なくありませんよね。

市内の引越しならまずは赤帽の利用を検討

 

近場の引越しで荷物量がそれほどでもなければ赤帽を使うのも良いと思います。安いですからね。 ただし、赤帽の場合は引越しの業者ではなくて運送業者ですので何から何までやってくれるわけではありません。 作業員は赤帽さん一人なので当然あなたが自ら積極的に荷物の搬出・搬入をする必要があります。どこまでやってくれるかは個人事業主のサービス精神に掛かっていると言っても良いでしょう。かなり運次第の当たり外れの激しい選択だと覚悟をした方が良いかもしれません。

荷物量がそこそこなら専門業者の利用を検討

 

近場の引越しであれば友人の手伝いを借りて行う人も多いでしょう。ただし、親しい人でも最低限の礼儀としてお礼は必要です。そうなると費用的には業者を利用したのとたいして変わりがなかったり、、、なんてこともあります。 それにお手伝いしてもらうというのは普通の人であれば気を使うことになりますし、業者を利用する方が気楽なのは間違いありません。

荷物が少ないなら単身パックの検討を 女性はレディースパックが安心感あり!

 

単身者専用の引越しサービスとして各業者が用意しているのが単身パック・プランです。料金的にもオススメですが、ワンルームパックのような大きな家具や家電などは梱包をしてくれるサービスもあります。また女性の一人暮らしの方はレディースパックの利用を検討しても良いかもしれません。すべてを女性のスタッフが行なってくれるサービスなので安心ですよね。

いわゆる単身引越しは家族に比べれば荷物が少ないので安いと考えがちですが、一人暮らしを長くしている人なら荷造りをしていて「随分と荷物があったんだ」と驚いた経験のある人も多いのではないでしょうか。 はじめての一人暮らしの場合であれば新居へ入居した後に家電や家具を揃える人が多いので業者を使わなくても良いのですが、そうでなければ業者を使った方が総合的に良いことが多いと思います。

 

>>>あなたの単身引越しを最も安く行ってくれる業者を簡単に探せる一括見積もりの説明

 

単身引越しの料金相場を左右する3つのポイント〜安く引越すために知っておきべきこと

引越し業者の料金は相場とも云われるような変動するものです。

 

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、引っ越し業者の料金はいつも一定ではありません。

 

ここでは3つのポイントとなる季節、日、時刻について説明します。

引越し料金が安い季節がある!

引越しをする時に安くすることができる時期としまして、6月や7月の梅雨の時期や、5月、11月、1月であります。

 

その理由としては6月は祝日が1回もないことや、梅雨の時期に入るため雨の降る中で引越しをすることができない人が多いため、業者にとっては閑散期になるためです。そのため業者のスケジュールが空いていることが多いだけでなく、交渉次第では費用をかなり抑えることができるため安い引越しができます。

 

また7月の梅雨の時期も雨が降る中で引越しをしなければならないためその時期を避ける人が多いだけでなく、梅雨が明けてすぐは暑いため体力を奪われやすいことや、夏休みに入ってから引越しをする人が多いためです。

 

11月は社会人の異動が12月に集中してしまうため、その前に引越しを開始すれば安い引越しができるだけでなく、ちょうど良い季節であることや、10月や11月は休みが多いため、その時に引越しの片付けをすることができやすいと言うメリットが生まれてきます。。

 

1月は、新年早々に引越しをする事を避けたいのが人間の心理であるだけでなく、寒い中で引越しをする事を避けたい人もいるため安い引越しができます。

 

5月は引越しシーズンが終わっているため企業にとっては閑散期であります。そのためスタッフの体力がかなりあるため質の良い引越しができるだけでなく、安い引越しができます。それだけでなく、かなりお得なサービスをしてくれたり、見積もりを依頼するだけでプレゼントをもらうことができる業者もあります。そのためかなりお得な引越しができます。

 

このように引越しをあまりしない時期を選べば安い引越しができるのであると言えます。

曜日によって安い引越しができる〜平日がオススメ〜

業者に引越しの荷物を運んでもらう時に注目しておきたい点としまして、曜日によって料金が異なってくることです。安い曜日としまして、月曜日から金曜日までの平日に予約を取りますと安い引越しができます。

 

その理由としまして、引越しは会社や学校が休みの日が多い土曜日や日曜日、祝日に集中してしまうため、引越し業者にとって顧客を獲得することができるチャンスであります。そのため引っ越しをする人が少ない平日に引越しをお願いすることによって安い引越しができます。注意をしなければならない点としまして、月末や月初めなどは予約する人が集中する可能性があるため休日と同じ料金になる可能性があります。どうしても安い引越しをしたい人は平日の中旬に引越しの予約を取りますと安い引越しができます。

 

また、引越し業者の中には六曜日を気にする業者もいます。六曜日とは、カレンダーに書いてある先勝や友引、仏滅、大安、赤口などの六つです。そのうち、仏滅など一般的に縁起が悪い日に引越しを予約しますと、交渉次第では更に安い引越しができることがあります。

 

その理由としまして、引越しは新しい門出を迎えることができるだけでなく、縁起の良い日に引越しをしたいと言う理由で大安などの日に引越しをしたい人がなかにはいます。そう言う意見を取り入れて値段設定をしている業者もあるため交渉次第では更に安い引越しができます。このように引越し費用を安くしたい人は、曜日や六曜日によって安い引越しができるのであると言えます。

 

このように引越し費用を安くしたい人は、曜日や六曜日によって安い引越しができるのであると言えます。

 

時間帯によって安い引越しができる〜午前・午後・フリー便〜

引越しをする時に値段を安くすることができる時間帯としまして午後から引越しを開始することです。その理由とは、午後から作業を始める場合、午前中の作業や道路状況などにより詳細な時間が指定できないためです。

 

しかし詳細な時間を聞くことができなくても大体の開始時間は事前に聞くことができます。そのため特別な事情がない限り予定が大幅に狂ってしまうことはないため予定を立てやすいだけでなく、安い引越しができることが魅力です。そのため、荷物が少ない人や距離が近い人などの理由でありましたら午後から開始したいと言っただけで料金を安くすることができます。

 

もう一つの時間帯としまして、時間帯を指定しないフリーコースを選ぶ方法です。この方法を利用すれば開始時間がいつになるか当日までわからないため安い引越しができます。このコースを選んだ時に注意をしなければならない点としまして、作業開始時間が夜になる可能性があります。

 

特に3月や4月は引越しのシーズンであるため作業時間が深夜までかかる可能性があるだけでなく、作業員はかなり疲れているのに作業をしなければならないため事故や家具などの破損の確率が高くなりやすいことや、近所の住民の迷惑になるため最悪な条件の中で引越しをしなければならないのであります。

 

もう一つの方法としまして夕方から引越しを開始するコースを設けている業者もあります。これもフリーコースと同じ条件になるためかなり安い引越しができます。

 

このように引越しをする時には条件が合えば午後から引越しを始めた方が費用を安くすることができるのであると言えます。

実は一人暮らしの引越しでもこんなに料金が違うのです!

あなたが一人暮らしの荷物だから少ないし単身引越し料金は安いんじゃないかな?なんて、もし考えているとしたら大変な損をしてしまうかもしれませんよ!

 

これは私の身内の実際の話です。一人暮らし(1DK)の単身引越しでなんと料金が3倍!も違ったことがあります。それほどに引越し業者の価格って一般人にはよくわからないものなのです。

 


しかも戻ってくる(東京⇒札幌)時には

  • 東京へ引っ越した時よりも荷物量が増えていた
  • おまかせパックを使った

にもかかわらず、引越し料金が1/3だったのです。

 

東京⇒札幌への引越し時期は3月という引越し繁忙期なので相場が高くなるとは聞きますが、それにしても3倍も高いものでしょうか?。なんとなくボッタくられた!?気がしないでもないのです。

 

でも24万円した業者の大手引越し会社Xは誰でも知っているような大きな会社なのですよね。。そんなことはないんじゃないかなとは思いますが。。

 

とにかく引越会社を1社に決めてしまうと、言われた値段が高いのか安いのか分かりませんよね。

引越し業者は本当にたくさんあります。テレビコマーシャルで流れるような全国的な大手会社もあれば、個人事業主として地域で営業をしている赤帽などの小規模の業者や数人規模の業者のようなところも多いです。各地の電話帳にたくさん載っていますよね。またチラシが入ってくるのでなんとなく名前を知っているような業者もあります。実際、引越しをするときにはかなり迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。その面倒くささのために大手引越し業者に依頼する人も多いのかもしれません。もちろんサービスや保証など大手なら充実しているので間違いではないですね。ただあと数万円安くしたいというのであれば見積もり比較をしてみることをオススメいたします。

一人暮らしの引越し見積もりを取り寄せるには?

引越し料金が高いのか安いのかを知るには複数社の見積もり比較が必須です!

 

今は「引越し見積もり一括取得サービス」というとても便利なサービスがあります。
これを使えば10社程度の見積もり料金を比べることができるので、適正な料金なのかどうか、引越し素人でも分かりますよね。

 



 

簡単な入力で単身・ひとり暮らし引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

 

 

 

 

一人暮らしの引越しではどの業者を選べば良い?

ネットで引越し業者の口コミを見ることができますが、ほとんどはその人個人個人の感想で言ってみれば運の要素がつきまといますよね。

 

実際のところ大手の引越し業者はイメージアップのために社員の教育にはとても熱心に行なっているようです(テレビCMなどでも盛んにアピールしていますよね)。質の悪い臨時作業員がたまたまその人の引越し作業に来てしまった・・・ということもあるわけです。この運だけはどうしようもありません。春の引越しシーズンにはどうしても臨時で作業員を確保しなければならないですから。

 

個人個人の口コミを見ていても、「ある人は凄く良かったと言っているが、別の人は最悪と言っている、本当のところが分からない・・・」とあなたも感じてしまうのではないでしょうか。そこで参考になるのが引越し見積もり一括サービスが利用者に対して行ったアンケート結果を集計した口コミランキングです(引越し価格ガイドさんのアンケート結果です)。

 

 

この口コミランキングを見ると「優良な地域密着型の引越し業者の方が満足度が高い」といえるかもしれませんね。

 

引越し見積もり一括サービスを行なっている引越し価格ガイドさんでは、一度の申し込みで大手と地域密着型の引越し業者の中から、引越しタイプに合った最適(料金とサービス)な引越し業者の見積もりが最大10社分、届きます。あなたはこの中から高い引越し見積もりをカットして2〜3社程度に絞った上で、ダメ押しをしてみてください(他社では◯◯円なんだけれど・・・のように^^)。そうすれば最安の引越しができます。もちろんサービス内容にも目を通してくださいね。コストパフォーマンスで選ぶのがベストということをお忘れなく!

 

引越し見積もり一括サービス(比較サービス)は無料でどなたでも利用できますので、引越しするなら絶対に利用することをおすすめします♪

引越し業者はどのくらいある?

日本で引越し業を営んでいる事業者はどのくらいあるのでしょうか?東京都だけでも電話帳に1800件以上、引越し業者が登録されています。全国になるとテレビCMで有名な大手業者から地域密着の小規模引越し業者を含めると把握できない数になります。

 

 

引越し業者最大手は「日本通運」で、売上高は第1位となっています。続いて「引越のサカイ」「アート引越しセンター」「クロネコヤマト」となっています。それ以外には「アリさんマークの引越しセンター」「ファミリー引越しセンター」「松本引越センター」「全国引越専門協同組合」「福山通運」なども有名な業者です。

 

以上が大手と呼ばれ、引越しを考えたときに思い浮かぶ業者なのではないでしょうか。大手と呼ばれるところはサービスの質が高く、信頼度もあるので失敗することが少ないと思われます。

 

中小の引越し業者は関東首都圏東京だけ、近畿関西大阪だけなど地域に本拠地を置いて密着して営業をしている業者です。例えば関東地域では「引越しセンターTSUDA」「タカラ引越しセンター」「みなみ引越しセンター」「三八五引越しセンター」などがあります。中小引越し業者は値段交渉をしやすい、細かなサービスがあるなどの利点があります。

 

大手には大手の良さがあり、中小には中小の良さがあります。引越しをして一人暮らしを始めるときには、じっくりと比較検討するのが一番だと思います。

学生の一人暮らしにおすすめの引越し業者とサービスは?

受験勉強から開放されて、これからの新生活に胸を躍らせている学生さんも多くいることでしょう。親元を離れて進学する学生さんにおすすめの引越し業者を紹介したいと思います。

 

アート引越しセンターでは時期に関係なく学生向けの引越しプランを展開しています。学割パックで引越しをすると高級カーテンのプレゼントがあります。 カーテンは買うと結構するので嬉しいプレゼントですよね。

 

学生さんにおすすめの引越しは、全国学生引越センターです。平日なら10%の割引や業者に引越し日を任せるとさらに3,000円〜5,000円の割引になります。

 

近距離の引越しなら荷物少なめの単身コース10.000円〜と荷物多めの2tコース21.000円〜が選べます。いづれも家具類の組立サービスや、段ボールのサービス、 ハンガーボックス・ベットカバー・マットカバーの無料レンタル、総額300万円の保険料がついています。

 

日本通運、クロネコヤマト引越センター、アリさんマークの引越社などでも単身の引越しプランが学生さんの引越しの時期になると学割サービスを行なっています。

 

学生さんには学割という最大の武器を利用して格安の引越しをしましょう。ただし、引越し業者を決めるときは料金だけでなくサービスや保障、口コミなども参考にして判断してください。

一人暮らしの引越しでも必ず見積もりを取りましょう!

一人暮らしの人がよく利用するのが大手引越し業者などの単身パックというサービスです。この引越し単身パックは、はじめての一人暮らしをするような方(家具や家電は引越しをしてから揃える)にはよいのですが、もう既に普通に一人暮らしをしているような人であれば、単身パック専用ボックスに荷物が収まり切らないかもしれません。

 

そうなると専用ボックスが追加となり料金が2倍、3倍となり、通常の引越しの方が安かったというケースもあるのです。 明らかに荷物が無い場合は大丈夫ですが、そうでない方であれば必ず引越し見積り一括サービスを利用しましょう。無料で使えますし、たくさんの業者の見積もりを見比べることができますので絶対使うようにしてみてください。

 

最短で1分程度 タダでたくさんの業者の見積もりが一気に取れちゃいます!

 

 

 

 

 

単身パックを利用するメリットとは?

単身パックを利用して引越しを行う際のメリットとしては、第一に料金の安さがあります。

 

一度は引越しの経験があるという人ならわかると思いますが、距離や荷物の量などに左右されますが引越しには意外にお金がかかります。

 

引越しを行う場合には新しい部屋を借りるために高額な費用が必要になるので、なるべく引っ越し費用が安くならないかと考えるものです。単身でそれほど荷物もないのに大きなトラックで引っ越すと高額な費用がかかってしまいますが、単身パックを使えば荷物が少ない人に対応した料金でほかのプランを使うよりも大幅に費用を安くできるというのメリットを得ることができます。

 

次に、手間が大幅に省けるということがあります。

単身パックよりも費用を安くしたいのであれば自分でトラックを借りて自分で引っ越しを行えばいいのですが、その場合にはトラックを借りる手間と荷物を積み込む手間、さらに荷物を新しい家に搬入する手間最後にトラックを返却する手間があり非常に手間だらけです。

 

その点単身パックを利用すれば2名から3名のスタッフが必ず着いて家具や荷物の搬出から積み込み、搬入までしてくれますので、自分でやることと言えば段ボールに衣類などの小物をつけて行くことだけで非常に手間が省きながら引越しを行うことができます。忙しい人や女性の方にはやはり単身パックがおすすめです。

 

どの会社のプランが良い?
引越し業者各社の単身パックを徹底比較!

 

単身プランと単身パックの微妙な違い

単身プランといわれるプラン(たとえば日通のワンルームパックやアート引越センターの単身引越しプランなど)を利用しての引越しは、一般的に2トンショートトラックを1台貸し切って行われるものです。コンテナを1台ごとに借りて行う単身パックでの引越しとはまた違うものです。

 

単身プランを使って引越しを行う場合は単身パックに比べて運ぶ荷物の量が多いということがあります。

 

単身パックは1台ごとにコンテナ(専用ボックス)を借りる場合にはコンテナに入りきらない荷物が発生すれば、新しいコンテナを借りなくてはならず小量な荷物でも1台分の料金がかかってしまい無駄です。

 

その点単身プランの場合には、トラック1台(コンテナの約4倍から5倍)に入る荷物であれば料金は変わらないのでお得になります。つまり、荷物の量が多い単身引越しでも対応できるということがあります。

単身引越しを自力でレンタカーを借りて行う場合には、荷物の梱包から搬出、搬入まで自分で行うので引越しが1日で終わらない場合もあります。自力で行うよりも大幅な時間短縮になるということがあります。

 

引越しプランの場合には当然ながらプロの引っ越し業者に依頼することになるので、荷物の梱包から搬出、搬入までテキパキとこなしてもらえるので半日ほどで作業が終了することもあります。また家が傷つかないように運び出しには細心の注意を払ってもらえることもメリットの一つと言えるでしょう。荷物の量が多い場合にはプランを使った方が大きなメリットを得られるでしょう。

一人暮らしの引越しならワンルームパックそれとも単身パック?

 

当サイトで詳しく説明していますので
参考にしてください!ワンルームパックと単身パックの違いとは?

 

 

単身引越しでも見積もり比較で数万円以上お得に!

荷物量が少ない単身の引越しでは単身パックを利用するのが人気となっています。ただし、単身パックで運べる荷物量というのはかなり少ないものです。もしすでに一人暮らしが長くて家電や家具などが揃っている人であれば引越しで単身パックを使うというのは必ずしも賢い選択であるとは言えません。それどころかかえって高くなってしまうというようなことさえ起こることもあります。単身パックを利用するのは基本的にはこれからはじめて一人暮らしを行うような、荷物がとても少ない人向けと考えておいた方が良いサービスではないでしょうか。

 

 

 

単身引越しの料金相場について

学生さんや新社会人のみなさんにとって最も優先したいのは、やっぱり料金ですよね。業者さんによっても違うでしょうし、引越しプラン(サービス)によっても違うでしょう。

 

では、相場としてはいくらくらいなのでしょう。

 

通常、最低でも4〜5万円以上のようです。条件によってはさらに高くなります。しかし、単身パックですと、8000〜2万円台とかなり安くなります。もちろんこの料金も業者さんによって違いますので、複数の業者さんに見積もりを出してもらい、比較することが大切です。

 

では、引越し料金の内訳はどうなっているのでしょうか?

引越し料金の内訳

見積書や契約書の料金は【基礎運賃・基礎作業料金】【実費】【付帯サービス料】の総額です。

 

【基礎運賃・基礎作業料金】は引越し作業の時間と距離で決まります。予定の時間を超えてしまうと1時間単位で追加料金が発生します。距離は100kmが基準となっています。これは国土交通省の定めた約款に従って計算されます。

 

【実費】はダンボールなどの資材、有料道路通行料などの見積もりに入らないものです。

 

【付帯サービス料】は主にエアコンの取り付けや不良品の処分にかかる費用です。

 

単身パックの場合、1ボックスあたりの料金となります。サイズは業者さんによって数種類あるので、荷物の量によって選びましょう。

 

実際どのくらいのサイズが必要か判断しにくい場合は通常の引越しプランのほうが良い場合もあるので、単身パックにこだわる必要はないかもしれません。

区内や市内の近距離の単身引越しは?

まずは一番気になる料金の話からしましょう。近くなんだから安いだろうというわけにはいかないようです。

 

【基礎運賃・基礎作業料金】の基準となる移動距離は100kmです。それ以内の料金は例え10kmでも90kmでも変わりません。

 

【実費】の有料道路使用料金などは発生しないかも知れませんが輸送料金は同じです。

 

【付帯サービス料】は内容次第です。基本的には荷物の量に比例するので、近いから安く引っ越せるわけではありません。

 

逆に近距離の単身引越しは割高になりがちです。移動距離が近い分、業者さんも儲けが出にくいので、特に荷物の少ない学生の単身引越しなどは基本的に割高な料金になっています。

 

そう意味では、近くへの単身引越しの場合、単身パックを利用したほうが費用を抑えやすくなります。自分では運べないものだけを送ってもらい、運べるものは自分で運ぶなど使い分けをすれば、いくらか費用は抑えられるかもしれません。

 

料金以外での業者さんの選び方はどうでしょう?大手・中堅の引越し業者さんや地元の配送業者さんにこだわる必要はないでしょう。 引っ越す先が同じ市町村内の場合、行政機関への手続きは同じ場所で行うことができるので、手間はいくらか少なくて済みそうです。

 

しかし、住所変更に関する手続は必ず行いましょう。同じ都道府県内の場合も同様ですが、転出・転入の手続は必要です。 手続面では、いくらか楽できそうですが、料金面ではなかなか難しそうです。方法の選択肢が多いだけ、悩みどころも多そうですね。

単身引越しの料金は季節によって違うの?

引越しをする時期によって、料金の違いはあるのでしょうか?引越しといえば進学・就職シーズンの2〜4月ですね。1週間単位でいえば、土曜日・日曜日の午前中は需要が高いようです。そういった繁忙期は避けたほうが料金が安くなる場合もあるようです。どうしてもこの日に引越しをしたいというのではなければ、業者さんに日取りの確認をして少しでも安くなる日を探しましょう。しかし、やっぱり進学や就職で引越しをする場合、そういった繁忙期にお願いしなくてはなりません。日取りを調整できるのであれば、早めに引越しをしてしまうこともできますが、あなたの場合はどうでしょう?

 

実際引越しの作業をしてくれるスタッフさん達も繁忙期でバタバタしている時だと、作業が雑になったり、対応が悪くなったりするかもしれません。最悪、家財を壊されたり、紛失することもあるかもしれません。「お金払ってるんだから、ちゃんとやれよ!」と思うかもしれませんが、そこは人がすることなので、気持ちよく仕事をしてもらうことも考えたほうが、余計なトラブルも防げますし、スムーズな引越しができるかもしれません。このあたりの事情は業者さんとの打ち合わせではわからないことなので、ネットや口コミで評判をチェックしましょう。引越しの日取りは大安や仏滅まで気にすることはないかもしれませんが、一方的に日取りを要求するというよりは、業者さんとの話し合いで決めたほうがよさそうです。

 

はじめての一人暮らしや単身赴任・転勤、荷物が少ない時の引越しに手軽で便利な単身パックを当サイトで徹底比較しています。パックといえど料金設定はちょっと曖昧な部分も各社ありますので、やはり見積もりで確認するのが基本ですがその前準備として参考になるような内容を心がけております。 単身引越しを安く済ますには周りにお手伝いをしてくれる人なら荷物も少ない単身の場合は自力引越しができます。ただ費用を考えるとはたして?、お礼をしたり食事を用意したり気疲れしたりなんてことを総合的に考えると業者を利用した方が良いのかもしれませんね。

一人暮らしの引越しは荷物量によっては、かなり費用が掛かります。

実家などから初めて一人暮らしをする人、すでに一人暮らし歴の長い人、どのような引越し方法が一番良いのでしょうか。引越し料金は、荷物の量、距離、時間などで大まかな料金が決まります。運びたい荷物はどの程度のものなのか、新居までの距離や引越しにかかる時間はどれくらいなのかなど、ある程度のことが分かっていれば大体の見積りを取ることが可能です。このような条件の他にも引越し先の部屋の階数やエレベーターの有無などで料金が変わるので、見積りの際にこれらの条件も伝えないと後から見積りと違う料金を請求されるなどのトラブルとなるので注意しましょう。

 

そして、すでに部屋が決まっている場合は、持っていく荷物は引越し先の部屋まで運びこむことができるのかと言うことに注意が必要です。階段が狭すぎて家具が通らないということがないように事前に下見することが大切です。また、一人での引越しは、家族で引越す場合に比べて自由に予定が組めるので、その特性を生かして平日や日にちを任せる、時間を任せるなどの方法を取ることで、更に引越し料金が安くなる場合もありますので活用しましょう。荷造りのポイントとして、ダンボールは、みかん箱程度のサイズが丁度良いでしょう。

 

まず、普段使用していないものやオフシーズンのものから順に詰め、壊れ物は新聞紙や梱包材で包んで割れるのを防ぎます。そして、食器や本などの重い物は小さめのダンボールに入れた方が運びやすいので、みかん箱よりもひとまわり小さいサイズのダンボールがあると役に立ちます。業者のプランに標準サービスとして梱包材などを準備・提供してくれますので料金と付帯サービスのコスパが優れている業者を見積もりで確認しましょう。

 


 

簡単な入力で単身・ひとり暮らし引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

 

 

 

知っておきたい一人暮らしの知識編

このページの後半では主にこれから一人暮らしをはじめて行う方に向けて必要な知識をご紹介してゆきます。引越し慣れをしている人であっても手続きや準備などかなり面倒なことがたくさんあるんです。そのために仕事を休んだりして行わなければならないこともあります。住所変更を届けるだけでも役所をはじめ郵便局、銀行やクレジットカード、各種免許などなどが挙がります。車やバイクを持っている方であれば、その手続も必要になってきます。盛りだくさんですよ。でも一人暮らしという新しい生活へ踏み出すわけですから、チャチャッと乗り越えてみましょうね。

まずはお部屋探しから

一人暮らしを始めようと考えている方、進学や就職で一人暮らしを余儀なくされている方に一人暮らしに役立つ情報を紹介して行きたいと思います。「一人暮らし」を始めるには、まずはお部屋を決めることから始まります。お部屋探しには次の2点を明確にしているとスムーズにお部屋探しの作業が進みます。

 

一つ目は、どのあたりに住みたいのかを決めておきます。どのあたりに住みたいかと考えたときに、どうしても人気のある地域になってしまいがちですが、学校や職場などに通うのに便利なところを選んだほうが良いでしょう。

 

もう一つは家賃です。どの程度の家賃であれば支払っていけるかというところです。家賃は一ヶ月の収入(給料または仕送りなど)の1/3が理想とされています。

 

以上の2点を認識しておいてからお部屋探しを初めましょう。

一人暮らしの上手な部屋探しの方法は?

賃貸物件のタウン誌やインターネット賃貸物件サイトではいろいろな間取りの物件が紹介されているので、どれが一人暮らしに適しているのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

 

一般的には、一人暮らしに適しているといわれているお部屋としては、1R、1K、1DK、1LDKの四種類とされています。住む人によってお部屋に求められるものは大きく異なってきて、場合によっては2LDKや3LDKなども必要になるかもしれません。ところで、1R、1K、1DKの何が違うのか気になりませんか。1Rとは居間とキッチンが仕切らていない間取りとなっていて、1R、1K、1DKが同じ面積であれば1Rが仕切りがない分、居室のスペースが広くなります。

 

1Kはキッチンスペースが4.5帖までをKと表記していて、キッチンと部屋の間に仕切り戸があれば1Kと表記されています。仕切り戸がなくなれば1Rとなります。

 

1DKはキッチンが4.5帖〜8帖のスペースが確保されている間取りで、DKはダイニングキッチンの略となっています。キッチンが8帖以上になるとLDKになります。1Kと同じくキッチンと居室が仕切り戸で分けらています。

 

1R→1K→1DK→1LDKと部屋のグレードが良くなっていく、1Kは1Rより広いと思われがちですがそれは違います。部屋のグレードや部屋の広さとは全く関係がなく、ただ単にキッチンのスペースの広さを表しているだけなのです。1Rとあってもデザイナーズマンションなどは広くて、設備が整っているものもありますよ。

さて、四種類の中からどれを選んだほうがほうが良いかというと、ライフスタイルによって異なってくると思います。しっかりと自炊することを考えている方であれば、1Rよりも1Kの方が、キッチンが独立しているので利便性が高いと思います。部屋に友人がよく訪ねてくると思う方はキッチンと居室がわかれている方が良いかもしれません。ユニットバスと呼ばれる、お風呂とトイレが同じ場所にあるタイプのものとなっているかどうかも選ぶポイントになります。ユニットバスだと友人が泊まりに来て、友人がお風呂に入っているときにトイレを使えないなんてこともあります。

 

また、部屋が広いと物がどんどんと増えていく傾向にあります。一生同じ部屋で過ごすとは考えられないので次の引越しを考えるとあまり物が増えない部屋にしたほうが良いでしょうね。
まとめるとキッチンは独立していて欲しいか、ユニットバスは問題ないか、という点を考えると自分に最も適したタイプのお部屋を決めることが出来るかと思います。

 

いい加減にもう今のアパートから引っ越したい!実家を出てひとり暮らしを始めたい!仕事先が変わりあまりに距離があって、または隣人の騒音が酷い・・・・など引越しの理由はいろいろとありますよね。

 

素敵なマンション・アパートのお部屋で暮らしたいならば是非にもネット活用するべきです。一日いっぱい不動産屋を何件回ったとしても住みたいなと思えるマンション・アパートに出会えるかはわかりません。検索した方が効率的で簡単です。気に入った部屋で暮らすには誰よりも先にお宝物件情報を入手出来るかが重要です!。

 


街角の不動産屋にしつこく行くのも(時間があれば)良いのですが、ずっと効率的なやり方があります、それは言うまでもなくネットで情報をあらかじめ取得しておくことです。
PCからこだわりの条件でお部屋を探すことが出来るんです。

 

 

駅チカ・マンションに住みたい!、それにはいろいろな理由がありますよね。都心に出掛けるのにとても便利、徒歩で買い物ができる、夜に怖くない、など。つまり、利便性がずば抜けているんです。

 

帰宅が夜遅くなっても駅の近くに住んでいれば、居酒屋などもあり食事に困ることがないのも嬉しいのです。マンションやアパートなどの「駅チカ」とはどのくらいまで駅に近いのか基準はあるのでしょうか?徒歩で5分までとのことです。歩いて1分=距離にして80メートルという基準が一般的に用いられているようです。駅から徒歩10分なら800メートルのディスタンスです。駅チカにはちゃんとした基準があることを知っておいても良いでしょう。

駅の周辺のアパートやマンションなら都心にも郊外へ行くにも時間が掛からず買い物や遊びなどの行動範囲を大きく広げてくれます。通勤や通学にかかる時間が大幅に少なくなり、そうなることによる時間削減はこの上なく生活にゆとりをもたらしてくれます。

 


 

お部屋探しの方法ですが、賃貸物件のタウン誌やインターネットの賃貸物件検索サイトで下調べをしておきます。どちらを利用するかはお好みですが、インターネットのサイトの方が、リアルタイムに物件の有無が確認できるようになっているとの意見が多いようです。タウン誌やインターネットサイトで紹介している物件には、どこの不動産会社が取り扱っているか書かれています。気になる物件を見つけたらその不動産会社に実際に足を運んで、気になった物件について聞いてみます。

 

けっこう「それはもう決まってしまいました。」と言われことが多いですが、それに似通った条件の様々な物件を紹介してくれます。紹介された物件の中から希望の条件を満たしているものを実際に見せてもらいます。その中から気に入った部屋が見つかれば賃貸契約を結びます。賃貸契約にはさまざま書類や印鑑などが必要になります。必要書類については不動産会社の担当者から説明があるので、それから準備しても遅くはありません。お部屋探しの流れは以上となります。
次にお部屋を決めるポイントを紹介して行きたいと思います。

この部屋に決めたい! どんなポイントを押さえるべき?

一人暮らしの新居を決めるポイントを紹介したいと思います。はじめにあげるポイントは借りたい物件がマンションにしたいのかアパートにしたいのかなのか、はたまた一戸建てにしたいのかということです。アパートとマンションの違いが分からないと言う方が多いですよね。結果から言うとアパートとマンションの明確な規定はありません。

 

しかし、一般的には鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造、 高層住宅を『マンション』として、木造や軽量鉄骨造の準耐火構造、2階建てを『アパート』としているようです。一人暮らしでは一戸建てよりも、アパートもしくはマンションが最適と思います。マンションのほうがエレベータがついていたり管理人がいる場合も多いので、管理費や家賃は高くなっています。

 

次のポイントはお部屋の場所です。女性の一人暮らしであれば一階は避けたほうが良いでしょうね。角部屋は窓周辺の景色にも注意したほうが良いです。電信柱など人がよじ登れそうなものがある角部屋はNGです。少々高くなってもセキュリティが良い物件を選択しがほうが安心ですね。同じマンションの中でも1階と上階とでは家賃に違いがあります。最上階は展望がよいという理由から家賃は高めに設定されています。

 

しかし、物件によっては最上階などは利便性に欠けるなどの理由から安価に設定されることもあるそうなので、最上階をと考えている方は不動産会社に相談してから判断したほうがよいかもしれませんね。

 

最後のポイントは毎日通勤、通学するのに便利な物件なのかということです。電車、地下鉄を何度を乗り換えなければいけないところでは通勤、通学だけで疲れてしまいます。駅から遠い物件は家賃などが安くなっていますが、帰りが遅くなったとき、タクシーでしか帰れないということになって結果的に支出が多くなってしまうということが起きます。女性は駅から遠い物件はなにかと危険です。少々高くてもアクセスが便利、駅から近い物件を選んだほうが良いです。快適な一人暮らしを送るために慎重に部屋を選んでくださいね。

 

その人その人の生活によってロフトが合う、合わないがあるかもしれません。ロフト付きの部屋にあこがれて選びはしたけれどさっぱり利用しないなんていう人もいれば、最大限に利用して屋根裏部屋のある生活を満足している方も。
ロフト部屋のさまざまなメリットは片付けに便利、隠れ家になる、暮らしの空間が広くなる、急なお客さんにも慌てることがない、子どもを育てる時にも利用できる、生活に活力が出てくる、部屋の狭さを感じさせない、などなどがあるでしょうか。

 

部屋にロフトがあると、その下のフロアーは狭くならないように吹き抜けのように天井が高いつくりになっていることが。なので部屋が広く見えるメリットがあり、実際の広さ以上に開放感を感じる人も多いそうです。さらに、様々な使い途がロフトにはあります。子どもは狭い空間が好きです。子どもが好奇心を発揮するそんな大好きなスペースもロフトは与えてくれるのです。直接、ロフトは見えることはないので不要なものも置いておくのに便利です。ロフトを片付けスペースとして利用すれば、生活をする部屋の広さが確保され、居間が広々・スッキリとします。片付けように部屋数を確保しようとするともっと予算が必要になりますよね。

 

ワンルーム・マンションの困ったところは寝食が一緒くたになってしまうことです。そのためダラダラとテレビを観たりなどのナガラ的な生活になることもあります。ロフトがあれば来客があっても大丈夫な部屋をキープすることができそこから生み出される生活の「ハリ」は人生にも幸運をもたらします。

一人暮らしの引越しを決めたら、準備が必要です。

初めての一人暮らしをする方、一人暮らしだけど新居に引越しと決めた方、新生活に胸を踊らせているのではないでしょうか。お部屋が決まってあとは引越し日を待つだけ、と思っているとしたら…チョット待ってください!引越し日までやらなければいけないことがたくさんあるんです。

 

親元から離れるときは、親が引越し業者の手配や親が荷物を運んでくれたりと自分で面倒なことはやらなくても済むかもしれませんね。しかし、親元を離れてからの引越しは引越し業者の手配や引越しに伴う手続きは自分自身の手で行わなれなければいけません。引越し業者の手配は電話もしくはインターネットからできます。インターネットでは複数の業者から一括無料見積もりをとることができます。見積りをとった中から自分の条件に一番あった業者を選びます。

 

次に各種の手続きを行います。手続きの漏れがないようにチェックリストを作成しておくと良いです。自分で作るのが面倒だったり、そもそも何をしたら良いかわからない方は引越し業者のホームページでチェックリストを載せているので、ダウンロードすると良いでしょう。業者との契約時にお願いしてもいいかもしれませんね。手続きの内容がわかったら「転出届は◯日に行う」などカレンダーに記入してスケジュールを組んだほうがスムーズに行くと思います。手続きが済んだものはチェックリストに印をつけていくとウッカリ漏れがないですよ。一人暮らしの引越しの場合、基本的には自分自身が行わなければ結果的に誰も対応してくれません。準備が遅れると引越し当日にドタバタして肝心なものが抜けてしまうことになりかねません。早めに早めに手続きを行いましょう。

一人暮らしに必須の物などを

一人暮らしを快適に過ごすには必須アイテムを揃えることですね。一人暮らしで一番最初に用意しておきたいものはカーテンです。防犯にためにも引越し直後にはカーテンをかけたほうがよいですね。カーテンを選ぶとき、だいたいこれくらいかなと勘で買ってしまうと丈が短かったりという失敗をしてしまいます。お部屋を決めたときに窓のサイズを測っておくのを忘れないようにしましょうね。

 

冷蔵庫、洗濯機、テレビなど家電は必須アイテムですね。しかし、テレビは見ないという人もいるので必須ではないかもしれませんね。冷蔵庫は自炊するかしないかで大きさを決めたほうが良いです。洗濯機は物によっては洗濯置き場に収まらない物もあるので、洗濯置き場のサイズを測ってから決めたほうがよいです。洗濯置き場に収まる最大の容量の洗濯機を選んだほうが便利です。洗濯機が大きいと一週間まとめ洗いができたり、タオルケットなどの大物も洗えます。今の洗濯機は優秀なので少ない洗濯物のときは水量を制限してくれるので水道代もあまり負担にはなりませんよ。

 

一人暮らしで必須と思うのはお湯をわかす道具です。オススメは電気ケトルです。電気ケトルは使いたいときに使う量だけお湯をわかすことができるので電気ポットのように保温に電気を使うことがないので、電気代の節約にもなります。しかもお湯をわかすのに2分くらいと短時間で沸きます。急いでいるときにはピッタリのアイテムです。

 

もう一つ必須な電化製品というと電子レンジです。食品の温めだけでなく調理もできます。電子レンジでできる料理本なんかも出ています。必須アイテムを購入するにはショッピングセンターなどが思い浮かぶかもしれませんが、ほとんどがインターネットで購入出来ます。インターネットショッピングを利用することで、時間の少ない方であっても、営業時間を気にすることなくゆっくりと商品が検索できて
申し込みすることが出来るようになっていますので、ピッタリのアイテムを探して頂ければと思います。

 

【まとめ】はじめての一人暮らしの引越しでは費用のことが気になりますよね

初めての引越しをする場合、引越がいったいいくらぐらいするものなのかわからないことがあります。引越し料金の相場を知る必要があります。ですが、相場はあくまでも相場で、実は目安となるだけで、オプションなどで料金が変わりますし、繁忙期ともなれば3割程度アップします。一人暮らしの引越しの場合大体10万円前後ですが、荷物の量が普通で距離が規定内であることや現在と引越し先の住まいの立地条件が特別でないこと、エレベーターでの荷物の搬送が制限される為、高層階の引越しも、引越し料金の相場に値するものではありません。その時とその場所や人員などにより、料金が変わるといった事があります。

 

その他、箱詰めや荷物をまとめておく事も大切です。箱詰めや荷物のまとめをしておかないと、その作業に掛かる時間や食器やガラス製品などの割れ物の取り扱いに特殊な箱を要するため、当然その費用が加算されてしまいます。しかも、箱詰めをすれば箱を返却する際に丁寧に開梱して貰えますが、これもセットで料金が加算されます。ダンボールをサービスで出している業者も多いですが、引越し料金に含まれているため、お値打ちな引越し業者で、ダンボール料金別の業者を選び、スーパーなどで自分でダンボールを調達して、費用を抑えると良いでしょう。ある程度の数量を超えると有料になることもあるので、なるべく自分で調達した方が引越し料金も安く済みます(必ず見積もりでチェックをしましょう)。

 

荷物の量や移動距離が増える事によって細かく引っ越し料金に反映し実際の見積もりと誤差が出ます。引越し料金の相場はあまりあてになりませんので、自分でできることは自分でやると費用を抑える事ができます。

引っ越し予定日の正しい料金の相場を知るには?

初めて、引越しをされる方にとっては、どの程度の引越し費用がかかるのかわからないと思います。引越し業者により、サービスの内容などが異なりますし、繁忙期と閑散期によって料金は異なりますので、決まった相場というものはないと思ったほうがよろしいと思います。では、相場を知るためにはどうしたらよいでしょうか?

 

引越し一括見積もりサイトで複数の会社から見積もりを入手することで、相場を理解できます。単一の引越し業者から見積もりを得るのではなく、多くの引越し業者からの見積もりを入手することが大切なのです。

 

見積もりを入手できれば、相場は自ずとわかります。厳密に言いますと、相場ではなく、引越し業者の料金が理解できると思ってください。

 

いかに安く丁寧な引越しの対応をしてくれるか否かは見積もりを見ればある程度わかります。業者によっては、数万円程度の差が出ると思います。ですから、相場はないのです。引越し業者各社の企業努力と、閑散期などを狙うとよろしいと思うのです。

 

おそらく、地場の中小引越し業者の見積もりが安いとは思いますが、万が一の荷物も破損などに対する対応では、劣っている場合もあります。単身の引越しの場合には、高価なモノを運んでもらうことはないと思うので、作業品質よりも、料金に重きを置けばよいと思いますが、最低限の保険に加入しているような業者を利用すべきです。

 

何度も言いますが、引越し料金の相場はありません。しっかり対応をしてくれる業者の閑散期に対応してもらえることが大切なのです。そういう意味では運の要素もあります。

 

>>>あなたの単身引越しを最も安く行ってくれる業者を簡単に探せる一括見積もりの説明